今日センバツ発表で吉報待つドラフト候補、明豊の188cm右腕・京本真投手と左腕・太田虎次朗投手が成長

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

今日、出場校が発表されるセンバツ大会、昨秋の九州大会ベスト4となり出場が確実視される明豊は、右の188cm右腕・京本真投手と左の太田虎次朗投手など多彩な投手で日本一に挑む。

スポンサーリンク

先輩の思いを

明豊は昨年、プロ注目の若杉晟汰投手、狭間大暉投手に、福岡ソフトバンクに育成ドラフト6位で指名された居谷匠真捕手などが揃い、センバツの優勝候補の一角とされていた。大会が中止となったものの、夏に行われた甲子園交流試合では県岐阜商に4-2で勝利し、その力を見せた。

甲子園で戦えたものの、日本一に手が届きそうなチームが1試合のみで終わった。無事に行われた秋の大会で1,2年生は「3年生のために」の思いで戦い、九州大会ベスト4入りを果たし、甲子園出場の当確ランプを着けた。

今年もプロ注目の投手陣となっている。右のエース・188cmの右腕の京本真投手は、昨秋の時点で143キロを記録している。九州大会ではリリーフとして登板し、九州国大付戦で4回2安打6奪三振無失点、神村学園戦で5回1/3を7安打5奪三振2失点と粘りを見せた。今年は「長いイニングを投げられるように体作りをしてきました」と話し、先発して完投できる投手を目指す。

また、左で独特なフォームから141キロの速球を投げる太田虎次朗投手も、昨秋の九州大会では3試合全てに登板し、九州国際大付戦で5回1安打6奪三振1失点、神村学園戦では3回2/3で2失点したものの、準決勝の大崎戦では3番手として登板し、延長12回までの7回2/3を7安打11奪三振2失点に抑えている。太田投手も「145キロまでのばしたい」と体重を3kg増やしセンバツでの記録を目指している。

先輩の思いを胸に、左右のエースがどんなピッチングをするのか注目したい。

2021年センバツ出場予想と注目選手
秋季高校野球大会が全て終了し、明治神宮大会のない今年はこれで主な高校野球の大会が終了した。来年のセンバツ出場チームの予想をと紹介をします。
2021年度-九州のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
明豊、3年生のために日本一 西日本スポーツ紙面 2021/1/29

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント