駒大・今永昇太投手が主役!西日本スポーツで特集

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 西日本スポーツでは裏1面で福岡の星、駒大の今永昇太の記事を掲載している。北筑高校でそれほど騒がれた投手ではなかった左腕投手が、今年のドラフトの主役に躍り出る。

北筑高校で

 今永昇太投手は北筑高校の出身、北筑高校や強豪ひしめく福岡において野球ではそれほど有名ではない。今永昇太投手は3年生の春に折尾愛真戦で14奪三振を記録するなど名前は挙がっていたものの、全国的には無名な投手だった。

 北筑高校では当時の井上監督が「肩回りの柔軟性が秀でておりフォームがきれいだった」と特徴を認め、「他の投手より球持ちが良く、バッターがタイミングが合わせにくそうだった」と話す。学校は野球の全体練習の時間は1日1時間半ほどだったが、短時間で体幹トレーニングやストレッチなどで体の強さと柔らかさを付け、今永投手も「あの頃があったから、ここに来て伸びた」と話しているという。

 

駒大で飛躍

 駒澤大では1年生では春秋合わせて0勝2敗も登板経験を積むと、2年生の春に6勝を挙げ一気にプレー区した。秋には逆に1勝6敗と苦しみも経験したが、3年春に4勝、秋に7勝を挙げ、昨年秋は明治神宮大会で日本一に輝いている。

 176cmと体は大きく無いものの最速148km/hのストレートは伸びがあり、バッターがタイミングを合わせにくいのか140km/h前半のストレートでも空振りを奪える。大きく曲がるスライダー等も効果的でタイミングを外し、プロのスカウトも即戦力として評価している。

 今永投手は元々それほど自信が無かったようで、「自分はプロに行ける選手じゃない」と話していたが、この記事では「1年目から10勝、15勝とできる力を持って入りたい」とプロでの活躍を目指していることを話した。

 まずは春のリーグ戦に向けて、今永投手が主役となる。

2015年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

駒澤大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

日本一でプロ 今永昇太 西日本スポーツ紙面 2015/4/3

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント