智弁学園・岡沢智基捕手が大商大に進学、大商大に入部する選手紹介

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

智弁学園で捕手としてセンバツで優勝をした岡沢智基選手が、進学する大商大の練習に参加した。

抜群の身体能力持つ捕手

岡沢智基選手は遠投100mの強肩でセカンドまでのスローイングは1.89秒を記録、投手としても137キロを投げる肩を持つ。また足も50m6.1秒の俊足で、甲子園では2番等も打っている。そしてなんといってもコントロールの良いエース・村上頌樹投手をリードしセンバツ優勝に導いた。安定感抜群のバッテリーだった。

その岡沢捕手は大商大に進学する。大商大では広陵高校出身で来年のドラフト候補として早くも注目される太田光捕手がおり、岡沢選手は「太田さんのいいところを吸収し、追いつき追い越せで頑張っていきたい。良き先輩ですが、ライバル。少ないチャンスをものにしたい」と話した。

また、バッテリーを組んでいた村上投手は東洋大に進学する。岡沢選手は「神宮で対戦することができたら」と話し、大学野球選手権、明治神宮大会での対戦を希望する。

今年の甲子園は後輩が春連覇を目指して戦うが、「福元、太田ら主力が残っている。メンバー外の選手も含めて気持ちが一つになったら勝てる」と話した。プロも注目する太田英毅選手、福元悠真選手などがチームを引っ張り、連覇することを期待した。

大商大には

大商大の入部選手は、開星の147キロ右腕・吉川貴大投手や、神戸国際大付の町田優太選手、大阪桐蔭の松山心選手などが分かっている。関西の雄として注目されるチームで存在感を示したい。

激しいライバル争いが待つ。捕手は来秋ドラフト候補に挙がる新3年生の太田(広陵)が控える。「太田さんのいいところを吸収し、追いつき追い越せで頑張っていきたい。良き先輩ですが、ライバル。少ないチャンスをものにしたい」と決意を語った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント