慶大が初練習、岩見雅紀選手に巨人、横浜DeNAが視察

慶応大, 岩見雅紀

慶応大はこの日、今年のチーム初練習を行い、ドラフト候補の右の大砲・岩見雅紀選手の打撃を巨人、横浜DeNAの2球団スカウトが視察した。

右の大砲

この日も岩見雅紀選手はブリー打撃で鋭い打球を連発した。リーグ通算9本塁打は現役で最多、昨年は春に4本塁打を放つと秋も3本、特に秋は推定130mの特大弾を放ち、右の大砲として今年のドラフト候補と注目されている。「年末年始も太らないように、動けるように過ごしていた。例年よりいい感じ」と調子の良さを強調した。

この日は巨人、横浜DeNAのスカウトが姿を見せたが、「個人というより、とにかく勝つこと、優勝することが大事。そのために僕の数字が上がればいい」と話したが「上でやりたい気持ちはあるけど、今まで通りしっかりやることが大事」と、プロを意識した発言も見せた。

守備面なども考えると、プロ入りすれば外国人選手と争わなければならない。その覚悟を持って自慢の長打力を磨く。右の長距離砲として各球団も今年何度も視察をする選手だろう。

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

「個人というより、とにかく勝つこと、優勝することが大事。そのために、僕の数字が上がればいい」と、チーム第一を強調。最終学年を迎えるが「上(プロ)でやりたい気持ちはあるけど、今まで通りしっかりやることが大事」と、落ち着いて抱負を語った。


PAGE TOP