関東地区大学野球選手権準決勝の対戦カードと注目選手

明治神宮大会出場をかけた、関東地区大学野球選手権の準決勝の対戦カードと注目選手をまとめました。

第1試合

創価大学
中田聖太郎1年
179cm78kg 右右
  1年夏からベンチ入り。 球威のあるストレートを中心に組み立てる。 B+
鈴木嘉基1年
173cm70kg 右左
  力強いくてスイングスピードが速いスイングから鋭い打球を放つ長打力が魅力の強打者でピッチャーとしても勢いがある重いストレートを投げる力があるピッチャー! C
       
小孫竜二2年
178cm81kg 右右
  重い球質の直球で押す本格派右腕  秋季大会の3回戦・金沢戦で3回2/3で5失点し、冬に体力強化とフォーム改造をして最速146km/hを記録するようになった。 B+
杉山晃基2年
180cm77kg 右右
  最速150km/hを計測するストレートとフォークボールを武器にする本格派右腕。 盛岡大学付属高校時代に3年春の東北大会で最速146km/hをマーク 創価大学では1年春から登板機会を獲得、1 B+
山形堅心2年
181cm88kg 右右
  大阪府東大阪市出身。大型スラッガー候補で、1年の秋は控え捕手だったものの馬渕監督が将来の4番と評価し、センバツでの4番1塁起用も検討されている。  飛距離が他の選手に比べて圧倒的で、清原和博選 B+
高山純一4年
180cm82kg 右右
  地肩の強さと力強いスイングをする打力が魅力のキャッチャー B+
海老原一佳4年
189cm93kg 右左
  恵まれた体格から抜群の飛距離をほこる左のスラッガー候補 3年秋の東京国際大学戦で岩槻川球場ライトスタンド場外弾を放った B
南遼太郎4年
171cm73kg 右右
  走攻守バランスのとれた強肩強打の捕手 高3の夏東海大菅生戦でサヨナラホームラン B
上武大学
古川裕大1年
179cm70kg 右左
  15Uアジア・チャレンジマッチ2013代表。久留米ボーイズ出身。高校No1捕手になれるか注目。 B+
小林亮介1年
183cm78kg 右右
  183cmの大型遊撃手で堅実な守備を見せ、打撃でも3年春は打率.400、5打点を挙げた。 B
西村雅暉2年
185cm76kg 右右
  夏の大会からピッチャーとしてベンチ入りし熊本市内大会からは、熊本国府の1年生エースとして活躍している。 投げるだけじゃなく打ってよしの選手だ!ホームランも打てる大型選手! 攻守ともそろった熊本 A
渡辺巧2年
182cm84kg 右右
  体幹がしっかりとしていてどっしりとして力強い腕のふりから勢いがある球を投げる力があるピッチャーで打者としても力強いスイングから鋭い打球を放ち長打力がある強打者 A
辻井翔真2年
170cm80kg 右右
  履正社の正捕手を争う選手。打倒桐蔭なるか。 C
寺沢星耶3年
176cm74kg 左右
  長野県下伊那郡高森町、高森中学校出身。中学時代、軟式北信越大会出場エース 。また、飯伊の中学生でつくる南信州K‐CLUBに所属。「第6回KB全国中学校秋季野球大会」の県大会で優勝。全国大会に出場。柔ら B+
新山晃平3年
180cm78kg 右左
  強肩ノールックスローの大型内野手、内角を打てるようになれば化ける B+
藤野祐太3年
175cm85kg 右右
  中学時代所属リーグ日本代表の4番を打った右の大砲。まだまだ技術面では発展途上であるもののレフト方向へ強い打球を飛ばす能力は一級品。今夏2年生ながら5番サードで甲子園出場に貢献、最終学年になる来年は不動 B+
吉田高彰3年
180cm78kg 右右
  強肩強打の捕手で智弁学園では岡本和真と共に春夏の甲子園出場。 大学でも1年秋からスタメンマスクを被り、明治神宮大会初戦は7回コールド完封のリードに3安打2打点と活躍見せた。 B+
市根井隆成3年
176cm68kg 右左
  運動能力が高く攻走守三拍子揃った俊足巧打の外野手 C
鳥巣誉議4年
177cm72kg 右左
  走攻守三拍子揃った遊撃手! 軸がしっかりしていて広角に長打を打てる打撃が魅力!難しい球もしっかりと外野に持っていく天才的な打撃が光る。 A
小豆澤誠4年
170cm70kg 右左
  内野守備に定評がある小柄な遊撃手、4年春に関甲新リーグで首位打者を獲得したように下位打線ながらも粘り強い打撃で出塁率が高い。 静岡・飛龍高校出身、飛龍高校時代は二塁手、上武大学では2年春は二塁 B+
石井将希4年
180cm74kg 左左
阪神育成1位
  群馬県高崎市出身、小学校4年生の時に野球を始め、高崎佐野中学校では軟式野球部でプレーした。  高校に入学すると180cmの大型左腕として期待され活躍を見せたが、3年春季大会の初戦で死球を受けて右手甲 B+
伊藤祐貴4年
185cm85kg 右右
  広島市立大洲中学校出身、1年時の秋季関東大会で重いストレートを投げ、エースとして期待された投手。 その後は登板機会が減ったが、2年秋季大会は公式戦3試合に登板し、通算6回2/3を投げて8安打1失点。 B+
島田海吏4年
175cm72kg 右左
阪神4位
  3年春に関甲新リーグで首位打者(打率.469)を獲得した俊足巧打巧守の小柄な外野手、50m5.7秒・遠投110m超と高い身体能力を持つ。 中学時代に100m走で熊本大会優勝、九州学院高校では1 B+
溝呂木昻也4年
179cm80kg 右右
  成長力のある捕手で肩、送球速度良し。打撃は粘り強く長打あり楽しみな選手 埼玉県の川越の中学校で軟式野球部に所属。埼玉栄高校野球部ではキャッチャーとして二年生春からベンチ入りして春関東大会でベスト4! B+
宮川哲4年
178cm82kg 右右
  勢いがある球を投げる力があるピッチャーです。 B+

 

第2試合

日本体育大学
小口丞太郎1年
184cm75kg 右右
  報知高校野球2015年9月号にて注目選手と紹介された捕手。 B
森博人1年
173cm60kg 右右
  しなる様な腕のふりでノビが良いボールを投げる能力が高いピッチャーです。 B
高垣鋭次1年
177cm80kg 右右
  馬力がある。能力が高い。 C
上西嵐満2年
176cm73kg 右右
  140km/h近いストレートは非常に良いキレのあるストレート。2年秋の中国大会準決勝で米子東を2安打11奪三振に抑えて完封と好投を見せた。  ヤングリーグの広島ボンバーズ出身 B+
エドポロジョセフ2年
190cm81kg 右右
  とてつもないパワーを持った外野手!春季大会、千葉明徳戦(ゼットエーボールパーク)のあわやバックスクリーンという打球(二塁打)といい、レフトへの大飛球といい、どちらも県野球場ならホームランになっていただ B
川井智也2年
171cm68kg 左左
  2014年の甲子園予選において高橋光成率いる前橋育英戦に先発し勝利に貢献した。 B-
大木惇司2年
175cm65kg 右左
  運動センス抜群で走攻守三拍子揃っている能力が高い選手 C
松本航3年
176cm78kg 右右
  3年夏に20奪三振を記録、147km/hの速球にカーブ、チェンジアップ、スライダー、スプリットを投げ三振を奪える。 高校卒業後は大学進学を希望している。 兵庫県朝来市出身で梁瀬中時代に県内 A
東妻勇輔3年
170cm70kg 右右
  大きく振りかぶった豪快な投球フォームから150km/hを超すストレート、曲がりの大きいスライダー、フォークで三振を量産する。日体大3年春の東海大学戦で最速152km/hをマークした。 智辯和歌山 B+
中村誠3年
177cm74kg 右右
  体にバネがあり身体能力が高い外野手だよ。 B+
馬場龍星2年
170cm72kg 右右
  能力が高いキャッチャーです B
石川勇二4年
180cm71kg 左左
  小さなテイクバックから130km/h台後半のストレート・チェンジアップ・スライダーを投じる細身のサウスポー。 新潟県立糸魚川高校2年夏にエースとして24年ぶりに県準決勝まで導く投球を見せ、注目を B+
荻野佑真4年
177cm77kg 左左
  3年夏の甲子園、日大山形戦で7回途中から2番手として登板、141km/hの力のあるストレートで打者2人で1安打自責点0に抑えた。  コントロールがまだアバウトだが、力のある速球を投げる左腕投手。 B+
佐藤渉4年
177cm71kg 右右
  身体能力が高くセンス抜群の遊撃手! 柏日体高校では1年春から活躍し1年秋には3番を打つ強打者! B+
冨里優馬4年
180cm80kg 右右
  左中間・右中間へ鋭い打球を放つ強打者! 足などはそれほど速くないが、とにかく打撃センスが高い。 B+
谷津鷹明4年
172cm73kg 右左
  状況判断に優れたプレーが出来る小柄な左打者、遊撃手・二塁手・外野手 湘南クラブボーイズ時代に全国大会準優勝。向上高校では1年春から二塁手でスタメンを獲得、2年秋からは遊撃手で主将を務めた B+
加藤勝平4年
180cm73kg 右左
  左打席からの鋭い打球が魅力の内野手、サードからの強肩のスローイングもある。 C
西沢大4年
176cm73kg 左左
  テイクバックの時に腕を隠して投げ、打者に見えにくいフォームからなげる141km/hのストレートに、打者は差し込まれて詰まらされている。  元オリックスの星野投手のような、緩い球を駆使して勝ちを奪 C
濱村和人4年
179cm77kg 右右
  小学校時代には世界野球大会で主将を務めた。強肩と巧打でヒットを重ねる打撃に注目。 C
肥田直斗4年
175cm70kg 右左
  強い打撃が魅力で、3番サードとしてプレーし、ドラフト候補として注目された。 C
国際武道大学
鮎ヶ瀬一也1年
174cm70kg 右左
  地肩が強く打撃センス抜群で能力が高いキャッチャー! B+
勝俣翔貴2年
180cm75kg 右左
  スイングが力強く長打が打てる右の大砲で、2年秋の大会ではバックスクリーンにホームラン放つ。 ピッチャーでも142km/hの良い球を投げ、巨人、東北楽天などのスカウトがすでに注目 A
豊田寛2年
178cm80kg 右右
  1年秋にはレフトでレギュラー出場、2年夏は3番を打ち、初戦の逗葉戦では高校通算12号となる満塁ホームランを放った。 B+
三河聖央2年
180cm85kg 左左
  やわらかくてしなやかな腕のふりからキレが良い球を投げる力があるピッチャー B+
臺浩卓2年
173cm65kg 右右
  野球センス抜群で運動能力が高い内野ならどこでも守れるユーティリティープレイヤー B
磯網栄登2年
179cm66kg 右右
  東海大相模のクリーンアップを任される。大型内野手。 本職は、サードだが現在は、ファーストを守る。 C
青野善行3年
177cm68kg 右右
  曲がりの大きいスライダーとMAX144km/hを計測するストレートで三振の山を築く本格派右腕 2年秋、千葉大会2回戦・成東高校戦で9回4安打18奪三振の快投で完封勝利 B+
伊藤将司3年
176cm73kg 左左
  135km/hの速球のキレが良く、右バッターの内角に鋭いスライダーを投げて打ち取るサウスポー。安定感抜群で完封も多く、甲子園でも好投を見せている。 B+
平川裕太3年
171cm72kg 右右
  身長は高くないが、リリーフとして登板すると常時140キロを超える伸びる速球を投げ込む。 変化球はもう一つだが、真っすぐで空振りを奪える。  3年春の大学野球選手権では中部大戦で147キロを記録 B+
服部創太4年
179cm73kg 右右
  強肩強打俊足の3拍子揃った細身の外野手、東海大相模高校では最後の夏に4番打者を務めた 国際武道大学に進むと1年春から中堅手のスタメンを獲得、主に1番や3番として出場し1年生ながらチーム最多の20 B+
筒井文也4年
176cm69kg 右右
  東海大学菅生高校時代、外野手から捕手に転向。2年秋から正捕手。3年春から1番を打ち足も早く、一塁にでれば必ず走塁成功させる。頼れる女房であった。 国際武道大学では2年春からレギュラー出場。2年秋正捕 B-

PAGE TOP