リーグ通算27勝、大商大・大西広樹投手には阪神などが指名検討

大阪商業大, 大西広樹

大商大の148キロ右腕・大西広樹投手はこの日、大経大との試合で5回1失点に抑えて今季3勝目を挙げた。これでリーグ通算27勝とし、ドラフト会議での指名を待つ。

阪神など指名検討

大西広樹投手は1年生春のリーグ戦で1勝を挙げると、2年春には5勝を挙げて、常勝・大商大のエースとなった。3年春には6勝0敗の成績を残すと今年春も5勝0敗と、春に抜群の成績を残す。

148キロの球速に多彩な変化球を織り交ぜ、不調でも試合中に修正をしながら失点を抑えていくことができ、リーグ戦では通算27勝をマークした。

今日16日も試合があり、大西投手はリリーフで待機するが、明日に迫ったドラフト会議について、「緊張よりもドキドキで楽しみ。プロに入ってから実力をしっかり上げたい」と話した。

大西投手には阪神などが指名を検討しており、3,4位での指名とみられるが、実戦的な投球と高く評価する球団があるかもしれない。

2019年のドラフト候補
2019年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

スカウトが熱心に追いかけ続けた阪神など、複数球団が興味を示す。12球団OKの構えの右腕は「緊張よりもドキドキで楽しみ。プロに入ってから実力をしっかり上げたい」と17日のドラフト会議を待つ。


PAGE TOP