履正社・井上広大選手が3戦連発で甲子園、東北楽天スカウト「鍛えがいがある」

履正社高, 井上広大

履正社のプロ注目スラッガー・井上広大選手が3試合連続となるホームランで甲子園出場を決めた。この試合には東北楽天のスカウトが視察に訪れた。

3戦連発

金光大阪に先制を許した履正社は、1-2の4回、4番の井上広大選手選手が変化球を振りぬくと、レフトスタンドに放り込むホームランを放って同点に追いついた。これを皮切りに履正社打線が爆発し、6番の野口海音選手の2ランホームランで逆転し、7-2で勝利して甲子園出場を決めた。

井上選手はセンバツでも注目スラッガーとなっていたが、初戦で星稜の奥川恭伸投手と対戦し、手も足も出ずに敗れた。その後、「体の中心で打つように心がけた」と打撃フォームを改造し、確実性を高める打撃を目指した。そしてもともとあった飛距離と加わり、今大会はこれで4本目、準々決勝から3試合連続のホームランとなって結果を出した。高校通算は46号。

この日は東北楽天の愛敬スカウトが視察し、「ナイスバッティング。ファーストストライクから甘い球を仕留められるようになった。体格もいいし、鍛えがいがある。右打者で長打を打てるのが魅力的」と評価、東北楽天は和製大砲の獲得を目指し続けているが、なかなか出てきていない状況があり、井上選手は右の大砲として指名の可能性の高い選手だろう。

この夏の甲子園で、こんどこそホームランを放ち、その力を証明して、秋、将来に繋げて行きたい。

2019年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
夏の高校野球・大阪大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

楽天愛敬スカウト(履正社井上の打撃に)「ナイスバッティング。ファーストストライクから甘い球を仕留められるようになった。体格もいいし、鍛えがいがある。右打者で長打を打てるのが魅力的」


PAGE TOP