U18投手の評価、ソフトバンクは宮城大弥投手を評価

佐々木朗希, 宮城大弥, 飯塚脩人, 林優樹, 西純矢

壮行試合で登板したU18代表の投手を評価、福岡ソフトバンクの永井本部長は、宮城大弥投手を評価した。

プロのスカウト評価

2番手で登板し3イニングを投げて6安打5奪三振3失点の宮城大弥投手だったが、福岡ソフトバンクの永井本部長は「変化球でカウントを整えられるし、けん制も巧み。自滅する感じがしない」と評価した。

U18投手を評価する

佐々木朗希投手:この日は最速は156キロで152キロを下回らない圧巻のストレートを投げたが、足を上げてからの体の力で腕の振りはまだ軽い感じでこの球速。もっと腕を強く振る時にどれだけ出るのか、本当にそこが知れない。それでも、投球中に小さな血豆ができて指先を気にしていた。そのためか、ストレートはシュート回転が激しく、これも佐々木投手のこれまでの最高の時のストレートより良くなかったのではないかと思う。

この日は12球を投げ、ストレート8球にフォークボールを3球、チェンジアップを1球投げたが、フォークボールは捕手の事も考えてかワンバウンドになるような低い球ではなくやや高めの球だった。また得意のスライダーは投げていない。捕手も登録は2人しかおらず、ケガをさせることは出来ないので、この後、投球練習でも厳しいフォークボールは投げることはないだろう。大会でも100%の佐々木投手を見るのは難しいと思われ、佐々木投手の100%はプロに入ってからとなりそうだ。

宮城大弥投手(3回6安打5奪三振3失点):この日は変化球が多かったが、スライダーの曲がりの大きさが目立った。ストレートのインコースに投げたいときには投げられる。ただしやや高めの球が多く、判定も高校野球より厳しくなった中で、カウントも悪くしてしまった。また宮城投手の100%のストレートも見られなかった。良い時はスライダーもストレートももっと鋭さを持っていると思う。それでも折りたたまれた腕の振りからのストレートは急に現れるような感じもしそうで、大学の日本代表から5つの三振を奪った。持っているものは一級品。

西純矢投手(2回1/3 3安打3奪三振1失点):西投手も変化球がやや多めで、ややバラつきもあるのは普段通りだが、ここぞで投げるインローへのストレートと、スライダーの曲がりとコントロールは素晴らしかった。被弾をしてしまった球は、「軽く投げてしまって反省した」と話す。気迫と集中力が武器なので、大会ではそれを見せたい。

林優樹投手(2/3回0安打1四球0失点):左バッターに対して、左からの角度がある球をインローに投げた。しかし宇草孔基選手にそれを見極められ、高いレベルを経験したと思う。それでも続く児玉亮涼選手に対しては、右バッターで得意のチェンジアップを活かした配球で、ゲッツ―狙いでゲッツーを打たせた。本当に狙い通りになったのは素晴らしかった。代表でもこのような厳しい場面での登板が予想され、左バッターへの攻めが課題となるかもしれない。

飯塚脩人投手(2回1安打6奪三振1失点、自責点0):この日投げた投手の中で、いちばん力を見せられ、そして素晴らしかった。ストレートは151キロを記録したが、140キロ中盤で真ん中付近に投げても大学生の主軸が空振りをした。そして決め球の鋭い変化球も、低めからワンバウンドをし、2回で6つの三振を奪った。1つが捕手がとめられずに振り逃げにされ、ワイルドピッチになったもののそれで2塁に進められ、打ち取った球がショート横にヒットとなった。

飯塚投手は大学進学を希望しているが、確かに体もまだ細く、先発としてはまだ不安定な所もあるが、リリーフとしてはプロで十分やっていけるし、気持ちも強くリリーフ向きで一流になれる可能性がある。代表で他の選手の話も聞きながら、プロ志望に変わってくれないかと祈りたい。プロ志望をすればドラフト3位までには指名されそうだ。

この他では、浅田将汰を見たかったがDHで出場しており打撃に専念、また前佑囲斗投手、池田陽佑投手も見て見たかった。ただ、全体的に感じたのは、アメリカ戦、カナダ戦、韓国戦では、一人の投手では厳しく、やはり奥川恭伸投手が投げられないと厳しいかもしれない。一人の投手を長いイニングなげされるより、奥川投手、宮城大弥投手、西純矢投手、飯塚脩人投手、佐々木朗希投手を総動員したほうが万全かもしれない。

そして佐々木投手はやはりリリーフが良さそうだ。佐々木投手の次に投げた宮城投手も素晴らしかったが、相手バッターも楽に打ってきてしまう。佐々木投手が降板して投げた次の投手が厳しくなりそうで、佐々木投手はフィニッシュまで投げたほうが良さそう。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)一覧


PAGE TOP