夏の高校野球・島根大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球島根大会、体に恵まれ楽しみな選手はいるが、今年のドラフト指名が確実だったり、全体的な候補選手の数は少なくドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は立正大淞南高校が優勝し、出雲西が準優勝。4強に益田東と浜田が入った。

春も立正大淞南が優勝し、石見智翠館が準優勝。4強に大東と益田東が入った。

優勝候補は秋・春連発の立正大淞南が筆頭となり、力を整えてきた石見智翠館が対抗、出雲西、益田東に開星なども優勝争いに絡んでくるか。

注目選手

投手では立正大淞南の井上雄輝投手が注目される。185cm84kgの大型右腕投手で高いポテンシャルが1年時から注目されてきた。本来なら140キロ中盤くらいを出していてほしかったが現時点では140キロ、それでも試合でも安定して投げられるようになって折り、エースとして成長をしている。

球速では大社の森山晃輔投手が144キロを記録する。172cm68kgの右腕投手で、体の回転を使って投げる投手で身体能力が高い印象を受ける。将来、投手として成長していくのか、それとも他の可能性が見えてくるのかわからないが、名前を覚えておきたい。

松江南の枠部歩捕手は、184cm82kgの体に恵まれた選手で、強肩・強打ぶりにこの春に4球団のスカウトが視察に訪れていた。捕手に注目選手がいる中で、島根NO.1捕手として評価を固めたい。

その他の選手

立正大淞南は捕手の谷川翔太選手が注目され、千葉ロッテに入った兄の谷川唯人捕手と比べても劣らない強肩を持つ。左の強打者・持田翔秀選手は飛距離がでるバッティングが持ち味。そして2年生の山下羅馬投手が143キロを記録して成長し、これから更に成長が期待できる。

石見智翠館の上翔曳選手も捕手の注目選手。180cm86kgの右の強打者で2年時から強い打球を放っていた。昨夏に甲子園を経験しており成長した姿をを見せる。今泉秀悟選手も打撃の中心選手で強打の三塁手。2年生の上村慎之助選手もセンスある打撃が評価されている。

矢上の柘植哉汰投手は県NO.1左腕の呼び声高い。180cm78kgの本格派で腕をしならせて投げるストレートは威力がある。捕手の西川旺悟選手はフットワーク良く動き、柘植投手を上手くリードする。皆吉海翔選手も2年時から主軸を打っていた選手で強打が魅力。

益田東は後藤大地投手が春に130キロ後半を記録し成長を続けている。2年生の堀江貫太投手も投打に活躍できる。強肩捕手の松居凌平選手、小柄だが外野からの送球が光る松岡憂選手もいる。

三刀屋高の建部暖登投手は183cm70kgの右腕で、まだ体の線が細いが141キロを記録しており、これからの成長が期待される。球の角度とキレのある河角那太投手も楽しみ。足のある大橋優也選手や、2年生で迫力ある打撃を見せる高野颯太選手など野手の中心選手もいる。

出雲西はショートの平井斗真選手が攻守に評価が高く、アウトコースをきれいに流し打つ打撃と、ショートで安定したスローイングが見られる。投手は変化球が魅力の高橋凛投手が中心で、2年時に球威ある球を投げていた山本裕大投手は故障からの復活が待たれる。

開星の百合澤飛投手は185cmの大型左腕投手で、まだその力を見せきれていない感じ、これからの成長が期待される。2年の前井出侑哉選手は、高校入学時から注目された飛ばし屋で、どんな球も対応して長打にする力がある。

浜田高の波田瑛介投手はストレートの回転が良い左腕。岡海善選手は173cm75kgと体は大きくないものの、そのスイングの速さや打球の速さは県屈指と呼ばれる左打者。

出雲工の北脇晋也選手は投げては140キロを記録し、打っては痛烈なライナーを飛ばしてホームランにできる二刀流。平田高の黒崎純平投手は185cmの右腕投手で1年時にエースナンバーをつけた。まだポテンシャルがありそう。

大社高の岡本倫朋選手は、180cm85kgの右のスラッガーで、良い角度で放たれる打球が魅力。益田翔陽の城市陽翔選手も長打力が魅力。

2022年度以降-高校生-島根県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント