夏の甲子園(2017)の見どころ~その3~ 注目される1,2年生

万波中正, 横川凱, 鈴木裕太, 林晃汰, 藤原恭大, 根尾昂, 柿木蓮, 山田龍聖, 野村佑希, 山口航輝, 上田優弥, 宮城大弥, 戸郷翔征

夏の甲子園大会も今日組み合わせ抽選が行われ、開幕が間近となってきました。今日は大会の見どころ3として、来年以降に怪物として注目されそうな選手を紹介します。

投手

投手では明桜・山口航輝投手、日本文理の鈴木裕太投手、高岡商・山田龍聖投手、大阪桐蔭・柿木蓮投手が注目される。

山口投手は181cm85kgの身体があり146キロの速球を投げる。この夏はエースとしてチームの優勝に大きく貢献し試合を任せられる安定感もあり、大曲工のドラフト候補3年生・藤井黎來投手との投げ合いでは9回4安打10奪三振で完封勝利と実績も十分。

鈴木投手は中学時代から速球に注目され、現在は148キロを記録している。故障の影響があり短いイニングの登板になっているが、新潟大会準決勝では2回をノーヒットに抑えるなど復調の気配も見せる。

山田投手はスカウトから「素材としては森田駿哉よりも上」と評価されており、6月に148キロを記録している。富山大会決勝でも先発し9回5安打9奪三振2失点で完投勝利するなど、こちらもチームのエースとして実績も十分。

柿木投手は178cm78kgの右腕で最速は146キロを記録、センバツでも追加でベンチ入りすると1回戦でリリーフで1イニングを投げた。ノーヒットで無失点も2四死球という内容だったが、140キロ中盤を記録する投球は印象に残った。この夏の大阪大会は4回戦の同志社香里戦で7回1安打11奪三振の好投を見せたが、興国戦では6回8安打7失点と苦しんだ。

この他では、聖心ウルスラの戸郷翔征投手は184cmの右腕で143キロを記録しており、体ができてくれば非常に楽しみな投手。大阪桐蔭の横川凱投手もまだ成長過程にあるが、187cmの左腕は期待が高い。明徳義塾の市川悠太投手は183cmのサイドスローで、この夏は抜群の安定感で甲子園出場に大きく貢献した。明徳義塾では左腕の山口修康投手も中学時にかなり騒がれた投手で注目したい。

東筑の石田旭昇投手は多彩な変化球で粘りのピッチング。 高校2年夏の福岡大会で九産大九州、福岡工大城東、西日本短大付、福岡大大濠を全て完投し実績十分、松商学園の直江大輔投手なども登板していきなり140キロを記録して注目されるかもしれない。

1年生では興南の宮城大弥投手が、島袋洋奨投手2世として、春夏連覇を狙える投手かもしれない。

野手

野手では花咲徳栄の野村佑希選手、横浜・万波中正選手、大阪桐蔭・藤原恭大選手、根尾昂選手、智辯和歌山の林晃汰選手が注目される。

野村選手は花咲徳栄の4番を打ち、プロのスカウトからも「清宮の次はこの野村」と注目される。早稲田実の野村大樹選手が出ないこの大会で、2年生の野村は俺、と印象付けたい。

万波選手は中学時代から投打に注目された選手で、高校1年夏に横浜スタジアムのバックスクリーンへのホームランはプロ関係者に衝撃を与えた。しかし今年はバッティングが不調で、夏の決勝の東海大相模戦では5打数5三振と苦しんでいる。金成選手のように来年は投手でという事も考えたくなるが、やはりあのホームランとスイングスピードは捨てがたい。

藤原選手はU18代表候補に選出されている。センバツの決勝では2本塁打を放つ大阪桐蔭の1番で、足もある選手。大阪大会決勝でもホームランを放つなど大舞台に強い選手としても注目される。

根尾選手は4月に左脇腹を痛めた影響もあってか、春から夏にかけてはほとんど投げず、動きの激しいショートではなく外野手として出場している。夏の大阪大会でもその影響があってか序盤戦には試合に出場せず、終盤になってライトで出場した。しっかりとした打撃も見せているが、投手・内野手・外野手など将来プレーするポジションの選択がまだ続いている。

林選手は中学時に推定130m弾を放って入学時から注目された選手で、今年は智弁和歌山の不動の3番サードとなった。この夏の和歌山大会では17打数8安打10打点と打点を荒稼ぎし、決勝ではホームランを放っている。守備に柔らかさもあり、スローイングも安定している。

この他では、横浜高校の長南有航選手がこの夏は3試合連続ホームランを放っている。また斎藤大輝選手は1年時にレギュラーとして出場をした選手でこの夏はそれほど目立っていないが実力の高い選手。大阪桐蔭もセンバツで活躍した山田健太選手や宮崎仁斗選手も打撃や守備で非常に高い素質を持っている。

日本航空石川の上田優弥選手は185cm96kgと清宮選手クラスの身体があり、ポンポンと打球が飛んでいくのは圧巻。坂井の石川雅晴捕手も強肩で1年時から注目、栗原選手のように注目されるか。

第99回(2017)高校野球選手権大会の出場校と注目選手
2018年度-高校生のドラフト候補リスト


PAGE TOP