明治大「こういう投手を打てるようにしないと」、プロ注目・逢澤崚介選手は1安打

明治大, 高橋裕也, 和田慎吾, 逢澤崚介

日体大とオープン戦を戦った明治大は、ドラフト1位候補コンビの松本航投手と東妻勇輔投手などに8回1アウトまでノーヒットに抑えられた。明治大のプロ注目外野手・逢澤崚介選手は1安打を打った。

一矢報いる

日体大のドラフト1位候補コンビにノーヒットに抑えられ、7回から登板した2年生の森博人投手にも8回1アウトまでノーヒットに抑えられた明治大、その後、プロ注目の 逢澤崚介選手がヒットを打ち、また、3年生になる和田慎吾選手が2ランホームランを打って、一矢報いた。

善波監督は「日本一になるためには、松本君や東妻君を打てるように練習していくしかない」と話し、ノーヒットに抑えられた打線に喝を入れた。逢沢選手は「自分にとってはオープン戦初戦だったが、松本、東妻から打てなかったので、確実にとらえるようにしないといけない」と話した。また2ランホームランを放った和田選手も、「真っすぐを狙っていて、ここでは打てたが、これからのオープン戦でもっと結果を出して、リーグ戦で打てるようにしていきたい」と話した。

明治大学は4年生になる146キロ右腕の高橋裕也投手が先発し、4失点で完投した。高橋投手は向上高校出身の174cmの右腕で、昨年は春3試合、秋7試合に登板し、秋は2勝1敗の成績を残している。明治大のエース候補として期待されている。

この日の経験が打者陣に大きな刺激となるだろう。

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2018年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

3安打2得点で敗れた明大・善波達也監督は「日本一になるためには、松本君や東妻君を打てるように練習していくしかない」と厳しい表情。2ランを放った和田は「真っすぐを狙っていて、ここでは打てたが、これからのオープン戦でもっと結果を出して、リーグ戦で打てるようにしていきたい」と先を見据えた。プロ注目の逢沢峻介外野手(新4年)は4打数1安打で、「自分にとってはオープン戦初戦だったが、松本、東妻から打てなかったので、確実にとらえるようにしないといけない」と飛躍を誓った。

明大は両右腕と3番手・森に7回まで無安打に抑えられた。プロ注目外野手の3番・逢沢は1安打を放ったが、「(東妻、松本のような)こういう投手を打てないと日本一をつかめない」と話した。


PAGE TOP