国学院大・鳥山監督、新入生の動きに「目が引かれた」

国学院大, 根来塁, 石鳥亮, 長谷川太洋, 天野海斗, 鈴木智也

国学院大に入学をする選手たちが大学の練習に初参加した。147キロ右腕・谷幸之助投手、強打の石鳥亮選手などが注目される中、鳥山監督は5人の名前を挙げた。

大学で日本一に

国学院大学の練習に初参加した新入生、智弁和歌山で4度の甲子園に出場をした根来塁選手は、「日本一に届かなかったので、大学でと思っている。持ち味の粘りの打撃で、春からがんばっていきたい」と話した。智弁和歌山は東妻純平選手、黒川史陽選手、池田陽佑投手などを擁し、史上最強のチームとも言われたが、大阪桐蔭や明石商、星稜などに優勝を阻まれた。その悔しさを大学で晴らす。

また、夏の甲子園に出場した関東第一の谷幸之助投手は、最速147キロの速球を投げプロも注目をしていた。チームでWエースとして投げた土屋大和投手が立正大に進学をするため、リーグ戦で対戦する可能性がある。「いつか投げ合って勝てるようにしたい」と話し、意気込みを示した。

鳥山監督は新入生の動きを確認し、「根来、天野、石鳥、鈴木、長谷川の打球や動きに目を惹かれた」と話し、霞ケ浦出身の天野海斗選手、札幌大谷出身の石鳥亮選手、桐光学園出身の鈴木智也選手、国学院栃木出身の長谷川太洋選手の名前を挙げた。そして「これから他の選手も見せてくれると思う。春から戦力になってくれれば」と話した。

国学院大の今年の新入生は、高校時代にドラフト指名の可能性が高かった選手というよりは素質をち、確実に成長していける選手を集めた印象がある。今年のドラフト候補・小川龍成選手も高校時代はそういう印象があり、大学でその守備力を伸ばした。この中からこの世代を代表するような選手が育っていくことを期待したい。

国学院大のスポーツ推薦合格者(2020)選手の特徴

昨夏の甲子園に出場した関東第一の右腕・谷幸之助投手は「同じ高校でダブルエースと呼ばれた土屋が同じリーグの立正大に行ったので、いつか投げ合って勝てるようにしたい」と早くもライバルの名を挙げ、闘志を見せた。


PAGE TOP