福岡ソフトバンクが1位指名に迷い、高橋昂也投手や古谷優人投手など左腕投手も候補に

古谷優人, 高橋昂也

福岡ソフトバンクはドラフト1位指名について、決められない状態となっているが、高校生左腕投手の1位指名も報じられている。

1位指名は

福岡ソフトバンクは前日のスカウト会議で創価大・田中正義投手を本命に佐々木千隼投手、柳裕也投手などについても話し合い、王会長が「結論が出るわけない。今年は大変。とにかく目移りするくらい多いから。12球団が12球団なりに悩んでいるんじゃない?」と話し迷っていることを明かした。

本命は田中投手とみられるが、西日本スポーツは1面で江陵の古谷優人投手を1位指名の視野に入れていると報じ、日刊スポーツも外れ1位で古谷投手や花咲徳栄の高橋昂也投手など高校生左腕をリストアップしていると報じている。

元々は左腕投手の獲得を目指し、履正社の寺島成輝投手などの1位指名が予想されていたが、優勝を逃したチーム事情からエース投手の獲得に方針を変え、田中投手、佐々木投手などの即戦力右腕がリストアップされた。それでも方針が変わる前まで調査をしていた高校生左腕投手もリストに残っているという。

かつては和田投手、杉内投手の左の2枚看板がチームを支えた。しかし今は左腕不足となっている。左の投手では代表格の工藤監督に左腕投手を預けたいという思いもあるかもしれない。

1位指名は田中投手、1位次候補で高校生左腕の寺島投手や古谷投手と予想するが、指名選手はドラフト直前に決定する。

古谷、1位浮上 西日本スポーツ1面 2016/10/20

PAGE TOP