上田西・草海光貴投手が143km/h完封、打撃・走塁センスも◎

上田西, 草海光貴

 夏の甲子園大会が開幕した。1日目第3試合の上田西vs宮崎日大の試合では上田西の草海光貴投手が6安打完封勝利でチームに甲子園初勝利をもたらした。

腕の振りとコントロール

 草海光貴投手は168cmの2年生エースで、元々は遊撃手だったが1年生の秋に投手に転向している。腕を振り切るフォームで、バッターの内角外角の低めにきっちりと投げることができ、この日は最速143km/hも記録すると、高校生の打者には攻略は難しかった。

 「今でもバッティングが好き」という草海選手、この日は初球に「狙っていた、チームメイトにも言っていた」という自己最速となる143km/hを記録し、ベンチに帰ると「MAX見た?」とチームメイトに誇示していたという。投手を楽しんでいるような感じで、とにかく腕を振るという意識とコントロールという意識があった。

 まだ2年生で投手としても楽しみだが、打撃でもこの日は4打数2安打、50m6.1秒の足があり、1年時は遊撃手としても期待されていた。投球内容を見ても非常に野球センスや運動能力が高いことが分かる。来年は投手としても遊撃手としても注目される選手になるかもしれない。

 試合後のインタビューで「野球に体は関係ない」と話した草海選手、大きな選手の中でやる覚悟ができている。体格も考慮される高校生のスカウティングで、来年のドラフトを意識できる168cmの好選手だろう。

2016年度-高校生のドラフト候補リスト

第97回高校野球選手権大会(2015)、対戦カードと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

第97回(2015)高校野球選手権大会の出場校と注目選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 「やってやったという感じ。無四球完封は初めて。楽しかったです」

 1メートル68、62キロの小さなエース。高校入学時は「打つのが好き」と内野手だったが、1年秋に投手に転向。マウンド度胸満点で「大きい相手をやっつけたい」がモットー。一回、先頭打者への初球は143キロをマーク。大舞台で自己最速を2キロも上回った。

1年春から「1番・遊撃」を担った運動能力で、再三の好フィールディングを披露した。50メートル6・1秒で、体育のサッカーでは常に最前線を張る。

野球を始めた小3から投手だったが、高校入学後は打撃を生かして内野手に転向。昨夏は三塁を守った。矢のような送球を見た指揮官から、昨秋の新チーム始動時に投手再転向を勧められた。「狙っていた」という初回の第1球で自己最速を2キロ更新する143キロをマーク。「今でも打撃の方が好き」と笑うが、バットでも2安打。投打で甲子園初勝利に貢献した。

 アルプス席では家族が観戦し、母・幸江さんは涙を流して息子の快投を喜んだ。1メートル68の小柄な草海が完封一番乗り。お立ち台では「野球に体は関係ない」と胸を張った。


PAGE TOP