素質豊かな選手そろった遊学館、小孫竜二投手、広橋敬大選手など甲子園を去る

小孫竜二, 広橋敬大, 本定史好, 遊学館, 高本康平

 遊学館が東海大相模に敗れ甲子園を去った。1年生の春から活躍を見せた広橋敬大選手、最速146km/hを記録した小孫竜二選手などがそれぞれの進路について口にした。

スター軍団

 今年の遊学館高校には注目選手が大勢いた。3番を打った広橋敬大選手は高校1年時、春の大会、夏の大会と大活躍を見せて将来を期待された。この日はプロ注目の小笠原慎之介投手から初回にヒットを放つと、2ベースヒットなど4打数3安打を記録して意地を見せた。広橋選手は夢はプロだが「大学で頑張ります」と話し、大学進学の意思を示した。

 エースの小孫竜二投手は最速146km/h右腕として、石川県では金沢の竹田和真投手、星稜の谷川刀麻とともにプロが注目、甲子園でも144km/hを記録するなど力を見せたが、この日は東海大相模打線に初回に4点を奪われ、4回途中でマウンドを降りた。小孫投手は「プロを目指していますが未定です。」と話しプロ志望届の意思があることも示唆した。

 リリーフした本定史好投手も昨年からプロも注目した投手だったが、昨年夏は石川大会前に人差し指の爪が割れて登板を回避し、今年春も腰痛に悩まされ夏も本調子ではなく1試合しか登板していない。また甲子園出場が決まってからも股関節をいためて甲子園入りしてからも治療をしていた。この日は2番手で登板すると1回1/3を投げて5安打3四死球で3失点、結果を残すことはできなかったが142km/hを記録し力のある球を見せた。進路は大学進学をし、「ストレートの伸びをもっと追求し、140キロ後半まで出したい」と話す。

 4番の高本康平捕手は石川大会でプロ注目の金沢・武田投手からホームランを放つなど3本塁打を放ち甲子園出場に大きく貢献した。小柄だが捕手としてもセカンドまで2秒前後の肩がありプロのスカウトも注目した。進路については不明だが、こちらも将来が楽しみな選手。

遊学館高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

「プロを目指していますが、(志望届けは)未定です。悔しいですが、もう1回、ここに来て東海大相模とやって、リベンジしてほしい」と小孫。

故障の痛みは無く、5回には142キロをマーク。100キロ台のカーブも駆使して緩急を付けたが、不運な安打や犠飛などで2失点。「芯に捉えられた当たりは無かったのに、相手の流れに押された。悔しいです」。6回にも2安打1失点し、降板した。

 プロのスカウトも、将来性に期待を寄せる。昨夏の石川大会は人差し指の爪が割れて、登板を回避。今春の北信越大会後には腰痛を発症するなど、苦労が続いた。今後は大学に進学し、プロ入りを目指す。「ストレートの伸びをもっと追求し、140キロ後半まで出したい」と本定。


PAGE TOP