高校野球・山形大会(2016):ドラフト注目度C

久田温斗, 有方琢眞, 登藤光, 石垣雅海, 荒澤郁野, 鈴木琢磨

高校野球山形大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは山形中央の青木陸選手が広島カープに7位で指名され、毎年のようにプロ野球選手が誕生しています。

地区

昨年夏は鶴岡東が甲子園に出場し、初戦で鳥取城北に勝利すると、2回戦では花咲徳栄と0-1の接戦を演じた。秋は酒田南が優勝したが、東北大会では酒田南、山形中央、鶴岡東とも初戦で敗退しセンバツ出場はできなかった。

春は酒田南が優勝し東海大山形が準優勝、ベスト4には九里学園と鶴岡東が残った。東北大会では酒田南と東海大山形は初戦敗退したが、九里学園が初戦を突破した。

注目選手

酒田南の石垣雅海選手にプロの注目が集まる。180cm80kgの大型内野手で3年からはショートも守る。この春の県大会は2本塁打で打率.500を記録し、高校通算30本塁打を記録している。打撃では高校トップクラスと声もある。

その他の選手

東海大山形の有方琢眞投手は184cm78kgの投手でリリーフで登板し142キロを記録、春の県大会はリリーフで粘り、また4番打者としても2試合連続でサヨナラ打を放った。また久田温斗投手は186cm85kgの右腕で球速は130キロ後半も変化球を中心に粘りの投球を見せる。

山形中央の荒澤郁野投手は172cmの左腕で、腕の振りが素晴らしく138キロの速球は伸びてくる。山形城北の鈴木琢磨も179cmの左腕で球速はまだまだも鋭いフォークを駆使する。九里学園の登藤光投手は183cmの左腕、球速はまだまだだが角度のある球が魅力。

2016年度以降-高校生-山形県のドラフト候補リスト

 


PAGE TOP