佐々木朗希投手、奥川恭伸投手、西純矢投手がU18代表入り

佐々木朗希, 奥川恭伸, 西純矢

佐々木朗希投手、奥川恭伸投手、西純矢投手が今日発表されるU18代表入りすることが分かった。

日刊スポーツ報じる

U18W杯に出場する侍ジャパンU18代表が、今日の甲子園準決勝後に発表されるが、大船渡の佐々木朗希投手、星稜の奥川恭伸投手、創志学園の154キロ右腕・西純矢投手が選ばれることが分かったと日刊スポーツが報じている。

佐々木投手については高野連関係者が「外せないでしょう。確認は取りました」と話し、コンディションについて確認をし、代表入りについて問題がないことを確認しているという。

奥川投手については、甲子園で1試合23奪三振などの快投を続けており、この後によほどの事が無い限り代表入りは間違いない。また創志学園の西投手についても代表入りが内定しているようで、BIG4のうち3人が代表入りする。

U18代表の予想をしてみましたので参考に。侍ジャパンU18代表(2019)の選出メンバー予想

史上最高の先発投手陣が形成されそうで、捕手についても東妻純平選手など3人とも非常にハイレベル、バッテリーとしても過去最高のメンバーとなりそうだ。野手については、昨年の根尾・小園・藤原、一昨年の清宮・中村・安田というような存在がおらず、木製バットへの対応等もあるため予想は難しいが、その分、守備中心に足を使ったメンバーが選ばれる可能性もあり、そうなると強さを見せるかもしれない。

侍ジャパンU18代表(2019)の選出メンバー予想
侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)1次候補
侍ジャパンU18代表、メンバー発表は20日
佐々木朗希投手がU18W杯のエースに、起用法を考える

日本高野連関係者は「(佐々木は)外せないでしょう。(コンディションについて)確認は取りました」と明かした。既に回復し、プレーに支障がないと判断。選出が決まった。

また、最速154キロ右腕の創志学園(岡山)・西純矢投手(3年)も代表入り。強力な布陣で世界へ挑む。


PAGE TOP