千葉ロッテ・藤岡裕大選手と菅野剛士選手、オリックス・田嶋大樹投手、日本ハム・西村天裕投手が開幕1軍

オリックスルーキーニュース 千葉ロッテルーキーニュース 埼玉西武ルーキーニュース ルーキーニュース 東北楽天ルーキーニュース 福岡ソフトバンクルーキーニュース 北海道日本ハムルーキーニュース

プロ野球の開幕1軍メンバーが公示され、パリーグではルーキー6人が開幕1軍入りした。

ドラフト1位ではオリックスの田嶋大樹投手が開幕1軍入り、昨年のドラフトの社会人NO.1投手で、左腕NO.1投手として、西武とオリックスの2球団が競合していた。実力通りの開幕1軍入り。

千葉ロッテも社会人で即戦力と評価の高かったドラフト2位の藤岡裕大選手、ドラフト4位の菅野剛士選手が開幕1軍入り、共にキャンプの開幕から1軍に入っており、オープン戦でも実績を残した。藤岡選手は首を痛めて2軍に行ったものの、復帰してからヒットを打ち続けた。ショートの開幕スタメンを平沢大河選手と争っており、スタメン入りするかが注目される。

また北海道日本ハムはドラフト2位の西村天裕投手が、埼玉西武はドラフト3位の伊藤翔投手が開幕1軍入り、ともに150キロ超の速球を投げ、リリーフとしてオープン戦で結果を残している。伊藤投手は昨年春に高校を卒業し、四国アイランドリーグで1年プレーして昨年のドラフトで指名された。今井達也投手より先に1軍入りをした。

オリックスもドラフト8位の山足達也選手が1軍入り、オリックスはショートの獲得を目指し、ドラフト3位で福田周平選手を指名し、8位で山足選手を指名したが、山足選手が足の速さなどを見せ、開幕1軍となった。

福岡ソフトバンクは昨年はドラフト2位で高橋礼投手、4位で椎野新投手と、大学の投手を獲得したものの、1軍の分厚い投手陣に食い込むことはできなかった。しかし一昨年のドラフト1位・田中正義投手が1軍登録されている。

東北楽天も近藤弘樹投手や岩見雅紀選手、山崎剛選手、渡辺佑樹投手と大学生選手を獲得し、キャンプ開幕時には西巻賢二選手、寺岡寛治投手も含め6人が1軍だったが、開幕1軍に残ることはできなかった。

2018年ルーキーの活躍一覧 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント