東京ヤクルトがスカウト会議、大阪桐蔭・藤原恭大選手、明徳義塾・市川悠太投手など約280人リストアップ

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

東京ヤクルトは神戸市内でスカウト会議を開き、センバツに出場した選手など約280人をドラフト候補の現状を確認した。

約280人の確認

センバツ大会で全ての高校が登場したこの日、東京ヤクルトはそのまま神戸市内でスカウト会議を開いた。

まずはセンバツで注目した選手をリストアップし、大阪桐蔭・藤原恭大選手や明徳義塾の市川悠太投手がリストアップされた。またそれ以外の今年のドラフト候補として、約280人をリストアップしているが、それらの選手の現状の確認などを行った。

東京ヤクルトはチームの方針として高校生を3~4人獲りたい球団社長が述べており、藤原選手を筆頭に高校生がドラフト1位指名されるのではないかとみられる。

東京ヤクルトのドラフトの狙い(2018)

2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生投手のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント