早稲田大に徳山壮磨投手、岩本久重捕手、西垣雅矢投手、鈴木萌斗選手が合流

早稲田大, 徳山壮磨, 西垣雅矢, 鈴木萌斗, 岩本久重

早稲田大学の練習に、今年入学する大阪桐蔭の徳山壮磨投手と岩本久重捕手のバッテリーなどが合流した。徳山投手は4年後のプロ入りについて言及した。

昨年センバツ優勝投手

大阪桐蔭の徳山壮磨投手は、昨年のセンバツで優勝し他チームのエースで、145キロの速球と安定したコントロール、そして多彩な変化球を投げる。大学での意気込みについて、「1からのスタート。チームを勝たせられるピッチャーになりたいです」と話し、「やりからにはプロを目指したいし、だれにも負けたくない」と話した。

また、大阪桐蔭の捕手でプロからも注目されていたが、ケガのためセンバツではマスクを被れなかった岩本久重捕手は、「徳山とは息の合ったところを見せられるようにしたい。」と話し、「将来、2人でドラフトにかかるように頑張りたいです」とこちらもプロを意識している。

岩本選手が故障をしたためセンバツでマスクを被り、見事にチームを優勝に導いた福井章吾捕手は、ライバル慶応大に進む。「福井とは早慶戦でお互い捕手として出られるようになったらと思う」と話し、今度は相手チームとして対戦する事を楽しみにしていた。

西垣投手、鈴木選手も合流

またこの日は昨年センバツベスト4の報徳学園・西垣雅矢投手と、一昨年夏の甲子園の優勝メンバー、作新学院の鈴木萌斗選手も合流し、西垣投手は徳山投手について、「大阪桐蔭、JAPANのエースで、テレビで見てた存在。いつか追い越して、いずれは2枚看板と言われるように頑張りたいです」と話した。

また鈴木選手も「高校で日本一になれて、大学でリーグ戦優勝と日本一を目指したい」と意気込みを語った。

実績十分の4人で早稲田大復活を目指す。高橋監督も「先輩を脅かす存在になってほしい」と期待をかけた。

早稲田大がスポーツ推薦合格発表、大阪桐蔭・徳山壮磨投手、作新学院・鈴木萌斗選手など4人 

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

昨夏のU18W杯に出場した徳山は「1からのスタート。チームを勝たせられるピッチャーになりたいです」と意気込んだ。左手首の骨折の影響でセンバツは記録員でベンチ入りし、夏は慶大に進学する福井が正捕手を務め、外野で出場した岩本は「将来、2人でドラフトにかかるように頑張りたいです」と力を込めた。

U18W杯に出場した高校日本代表の第1次候補にも選出された好右腕は「大学最高峰の舞台で勝負したいと思った。(徳山は)大阪桐蔭、JAPANのエースで、テレビで見てた存在。いつか追い越して、いずれは2枚看板と言われるように頑張りたいです」と話した。

鈴木は「高校で日本一になれて、大学でリーグ戦優勝と日本一を目指したい」と話し、西垣は「4年生になったら、徳山と2枚看板になれるようにしたい」と意欲を見せた。


PAGE TOP