早稲田大がスポーツ推薦合格発表、大阪桐蔭・徳山壮磨投手、作新学院・鈴木萌斗選手など4人

早稲田大のスポーツ科学部は2018年度スポーツ推薦入学試験の合格者を発表し、野球部ではセンバツ優勝の大阪桐蔭・徳山壮磨投手、昨年夏の甲子園優勝メンバーの作新学院・鈴木萌斗など4人が合格した。

早稲田大スポーツ推薦合格者一覧

守備 名前 出身 特徴 短評
投手 徳山壮磨 大阪桐蔭 181cm75kg 右右 145キロ速球に多彩な変化球、
センバツ優勝投手&U18代表
西垣雅矢 報徳学園 182cm72kg 右左 角度のある140キロ台の直球投げ、
センバツベスト4進出エース
捕手 岩本久重 大阪桐蔭 182cm83kg 右右 センバツは故障で優勝メンバーに入れずも、
大型捕手に遠投110mの強肩でプロ注目した
外野手 鈴木萌斗 作新学院 180cm70kg 右左 抜群の外野守備範囲と足の速さに、
左右の打ち分ける巧打

徳山投手はセンバツ優勝投手、鈴木選手は2年時に夏の甲子園で優勝、西垣投手はセンバツベスト4と実績十分で、岩本選手は大型で強肩捕手としてプロが注目していたものの、3年時は故障によりマスクは福井章吾選手が主に被り、甲子園などで目立った活躍はできなかった。それでももし故障が無ければ、中村奨成選手くらいの強肩とフットワークを見せたのではないかと評価されている。

この秋のシーズンは東京六大学で東大と並んで5位となった早稲田大、センターラインの強化で巻き返しを狙う。

 

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP