慶大・高橋佑樹投手が1失点完投、DeNA、千葉ロッテが来年のドラフト候補に

小島和哉, 早稲田大, 慶応大, 高橋佑樹

東京六大学では早慶戦が行われ、慶応大の3年生左腕・高橋佑樹投手が、早稲田大で千葉ロッテからドラフト3位指名を受けた小島和哉投手に投げ勝った。

左腕エース対決

早稲田大の小島和哉投手は、この日前まで今季は4勝1敗、防御率1位、対する慶応大の3年生・高橋佑樹投手はこの日前まで5勝0敗と、今季をリードする左腕エース同士の投げ合いとなった。初回こそ両投手とも制球がやや乱れたものの、2回以降は立ち直る。小島投手は得意のインコースのストレートで、高橋投手は得意の大きなカーブで5回まで0-0の投げ合いをした。

6回、先に点を許したのは小島投手だった。満塁のピンチから押し出しの四球を与え、さらにタイムリーヒットで2点を失った。7回にも1点を失った小島投手はこの回で降板し、7回6安打4奪三振6四死球で3失点という内容だった。「気持ちが入りすぎた。勝負どころで力んだ」と反省が口に出た。

対する高橋投手は味方が点を奪っても落ち着いた投球を見せ8回まで0点を並べる。9回に早稲田の維持で1点を失ったが終始落ち着いた投球で、9回8安打7奪三振0四球で1失点に抑え、早慶戦に勝利した。

来年ドラフト候補に

ドラフト3位で指名された小島投手に投げ勝った高橋投手は、「小島さんは野球のエリートで怪物投手、雲の上の人。自分は球速はないし、たまたまいい調子が続いているだけ」と話した。高橋投手は川越東出身で、浦和学院のエースで2年春のセンバツでも優勝している小島投手とは、その夏に対戦しているが、大敗を喫していた。

174cm80kgの体で最速は143キロ、この日も小島投手が140キロ中盤の球を投げたが、高橋投手は130キロ後半の速球とカーブを織り交ぜた。しかし今季はこれで6勝0敗、3連続完投勝利を挙げており、スカウトの目つきも変わり始めた。この日は横浜DeNAの進藤GM補佐が視察し「楽しみな存在」と話すと、千葉ロッテ・井辺スカウトも来年の候補として視線を送った。

今年のドラフト会議では、巨人の1位で八戸学院大の「高橋優貴」投手が指名された。おなじ「たかはしゆうき」で同じ左腕、高橋投手は「僕が呼ばれたのかと思ったんですけど、よくよく考えてみたら1年早かったですね」とおどけた。

八戸学院大の高橋優貴投手とは高校時代に試合をしたが、「球が速くてけん制がうまかった。僕も野球が好きで上でも続けたいが、まだプロとかは、とにかく明日の試合が大事。」と話し、プロへの意識はまだまだのようだが、今季の活躍で来年のステップになったことは間違いない。

これで早稲田大は優勝可能性が消え、慶応大は勝ち点を挙げれば優勝となる。小島投手は今季で勇退する高橋監督に対して「最後にいい思いをさせたかった」と話したが、「主将として慶応から勝ち点を獲って終わりたい」として、今日、明日と、最後の早慶戦に臨む。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧
2019年のドラフト候補 

6回に無死満塁から押し出し四球で先制点を許すなど、7回6安打3失点で降板した。1敗で優勝が消える試合とあって「気持ちが入りすぎた。勝負どころで力んだ」。 

1メートル74、80キロで直球の最速は143キロ。変化の大きいスライダーとチェンジアップで緩急をつけ、これで完封をはさみ3連続完投勝ち。小島を視察したロッテ・井辺スカウトが来年のリストに早速、高橋佑を追加した。

大学では2年春以来の投げ合い。緊張しやすく、当時はあまりのプレッシャーに試合前3度も吐いた。だが「今年はなかった。少し体が大人になったのかな」。思い切り腕を振ってカーブのような軌道を描くスライダーと、130キロ台後半の直球で緩急をつけた。
通算10勝目。DeNAの進藤達哉GM補佐は「楽しみな存在」と評し、来秋ドラフト候補にも浮上した。


PAGE TOP