侍ジャパンU18代表vs大学代表に85人のスカウト集まる

 侍ジャパンU18代表vs大学代表の試合には、日米合わせて85人のスカウトが訪れた。大学でもトップクラスの選手との対戦で、非常に意義のある試合となった。

スカウト85人

 U18、大学代表共に、今年のドラフトで上位指名の可能性がある選手がそろった。それもあり、スタンドには国内12球団の他、MLBもマリナーズなどのスカウトが姿を見せた。

 国内12球団では東北楽天・立花球団社長や星野SD、横浜DeNA・高田GM、埼玉西武・渡辺SD、東京ヤクルト・小川SD、阪神・中村GMなどが姿を見せた。

 対象選手があまりにも多すぎてか、個別の選手に対する情報は新聞紙上にあまり掲載されなかったが、注目度の高い清宮幸太郎選手には、埼玉西武・渡辺SDが、「ヘッドスピードが速い、柔らかさもあって対応能力がありそう」と話すと、東京ヤクルト・小川SDも「場慣れしている。臆することなく楽しんでいる様にも見える」と話した。

 

ドラフト上位候補選手は?

 この日、試合に出場したドラフト上位候補選手をざっと挙げると、
U18代表では、小笠原慎之介投手、高橋純平投手がドラフト1位指名確実、オコエ瑠偉投手、平沢大河選手選手がドラフト1位の可能性があり、森下暢仁投手、勝俣翔貴選手選手は上位指名の可能性がある。

 また他にも上野翔太郎投手、成田翔投手、高橋樹也投手、舩曳海選手、篠原涼選手選手などもプロ志望ではない選手もいるが注目される選手。

 大学代表では吉田正尚選手、上原健太投手、高山俊選手はドラフト1位指名の可能性があり、井口和朋投手、谷田成吾選手、宇佐見真悟選手などは上位指名の可能性がある。他にも藤岡裕大選手、吉田侑樹投手、柴田竜拓選手、横尾俊建選手などは注目選手で進路が注目される。

 この試合だけでスカウトが順位づけが出来る事はないだろうが、高校生はU18ワールドカップも含めて最後の評価付けを、また大学生は秋のリーグ戦で注目する選手を定めるのに良い機会となった。

2015年度-高校生投手のドラフト候補リスト

2015年度-大学生投手のドラフト候補リスト

侍ジャパンU18日本代表の選手一覧

ユニバーシアード出場の侍ジャパン大学代表メンバー決定


PAGE TOP