2016年ドラフト会議は10月20日

NPBは2016年のドラフト会議を10月20日に開催すると発表した。

10月20日開催

2016年のドラフト会議は10月20日に行われる。ドラフト会議は毎年、クライマックスシリーズと日本シリーズの間の木曜日に行われるが、今年は日本シリーズが10月22日からとなっており、20日が有力だった。

ただし10月20日となると、東京六大学は残り2週を残し、東都リーグもそして関西学生リーグなども最終節の前に行われる事になり、大学生候補にとっては開催日がやや早いと感じるかもしれない。

今年も大正製薬が協賛し「supported by リポビタンD」となる。開始日時は後日発表するとしているが、毎年17時に行われる。また例年ファン1000人を招待しているが、場所なども含めて後日発表されるとのこと。

2位以降のウェーバー優先権はパリーグ

今年のドラフト会議のウェーバー優先権は交流戦で優先権を決める事になったパリーグが2年連続で獲得した。

現在の順位で行くと、2位の指名順位は、オリックス中日埼玉西武阪神東北楽天東京ヤクルト千葉ロッテ横浜DeNA北海道日本ハム読売福岡ソフトバンク広島、の順になる。2位指名の指名順による駆け引きにも注目したい。

2016年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

日本野球機構(NPB)は19日、今年のドラフト会議を10月20日に開催すると発表した。4年連続で大正製薬が特別協賛し、公式タイトルは「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。開催時間、場所などの詳細は後日発表。2位指名以降のウエーバーの優先権は交流戦で勝ち越したリーグに与えられるため、パ・リーグから指名する。


PAGE TOP