千葉ロッテの新入団選手発表、ファンの応募数が多く2日間開催へ

原嵩, 平沢大河, 成田翔

千葉ロッテの新入団選手発表は例年、ファン感謝デーなどで行うのでなく、このためだけにホールにファンを迎えて行われている。今年も京葉銀行プラザで400人のファンを迎えて開催する予定だったが、定員の15倍となる6000人の応募があったことが分かった。

イケメン高校生トリオにファン殺到も

通常は新入団選手発表は1日で行い、マスコミ向けとファン向けの発表をしていた。しかし今年は、ドラフト1位の仙台育英・平沢大河選手、ドラフト3位の秋田商・成田翔投手、ドラフト5位の専大松戸・原嵩投手と、高校野球や侍ジャパン、地元千葉出身の選手として知名度が高く、しかもイケメンでも評判の3人が入団する事もあり、ファン6000人からの応募があったという。

そこで球団ではマスコミ向けの新入団選手発表と、ファン向けの発表を分け、12月1日にロッテ本社でマスコミ向けの発表を、12月2日に千葉の京葉銀行プラザでファン向けの発表を行い、それぞれ1時間30分の予定を2時間に拡大して行う事となった。

ファンの熱も高く、新入団選手発表の問い合わせも多かったという。また「甲子園を沸かせた平沢、成田、原にはすでにファンレターが届いています。ファンの熱気は例年以上と感じています」と球団関係者が話す。

高校野球100年で注目され、侍ジャパンU18代表もU18W杯注目された今年、甲子園を沸かせた選手はスターとしてプロやファンから迎えられた。今回の発表を見られなかったファンにも1軍で活躍する姿を見せて応えたい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

侍ジャパンU18日本代表の選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

異例の事態とあって、球団は迅速に対応。昨年までは1日で終わらせていた入団会見を、今年はマスコミ用(12月1日、新宿本社)と、ファン用(同2日、千葉・京葉銀行プラザ)の2日間に分けて設定。それぞれ1時間半の予定だったが、30分の延長を決め、2時間とした。


PAGE TOP