ソフトバンクの王会長が早稲田実の清宮幸太郎選手と対面

早稲田実, 清宮幸太郎

早稲田実業はこの日、王貞治記念グラウンドの人工芝工事の竣工式が行われ、野球部の選手とともに王貞治氏も出席した。そこで王氏は初めて清宮幸太郎選手と対面し、体の大きさに驚きを見せていた。

初対面

昨年は清宮幸太郎選手の高校野球デビューという事で春からフィーバー気味の報道とともに注目されると、甲子園で2本塁打を放ち侍ジャパンU18代表でも4番を打つなど、実力も証明してみせた。その時に比較されたのが、早稲田実のOBで世界のホームラン王・王貞治氏だった。

高校野球100年という事で夏の甲子園では王氏が始球式を務めたが、早稲田実もそれに向けて厳しい戦いを制して甲子園出場を決め、清宮選手なども始球式を間近で見ることができた。しかしその時は、王氏と清宮選手は対面しなかった。

そしてこの日、式典で清宮選手と王氏が対面、王氏が清宮選手に「大きいねぇ。良かったな、頑張れよ」と声をかけた。王氏は「清宮君とはきょう初めて会ったけど、体が大きいし力強いと思った。彼には柔らかさがある。バッターは受け身で、投手がいろいろなボールを投げてくる。柔らかさは一番求められるものだからね。」と話し、清宮選手の体の大きさとともに、柔軟性を良いポイントとして挙げた。そして「天性か鍛えられたものかは分からないが、すばらしい。将来的に大きく飛躍する可能性がある」と絶賛をしている。

 

2017年ドラフトで

今年のドラフト会議は投手の怪物・創価大の田中正義投手に12球団が注目をしているが、来年のドラフト会議では打者の怪物・清宮選手に大きな注目が集まることが予想され、ドラフト1位での指名競合は間違いないとみられる。そして2018年にデビューし、将来的には王貞治氏のホームラン記録に挑戦できる選手になっていくと思う。

今年のセンバツ出場を逃し甲子園の連続出場はならなかったが、夏、そして来年の春夏に甲子園に出場し、清原和博氏や松井秀喜氏のような怪物ぶりを見せてほしい。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

「清宮君とはきょう初めて会ったけど、体が大きいし、力強いと思った。彼(清宮)には柔らかさがある。バッターは受け身で、投手がいろいろなボールを投げてくる。柔らかさは一番求められるものだからね。天性か鍛えられたものかは分からないが、すばらしい。将来的に大きく飛躍する可能性がある」

意外にもこれが初対面だった。竣工式を前に、王氏は早実ナインを激励。自身の後継者でもある清宮を見つけると、「大きいねぇ。(球場が新しくなって)良かったな、頑張れよ」と声を掛けた。清宮は昨夏甲子園の開会式直後に始球式を務めた王氏の姿をスタンドから見て「オーラがあって格好良かった」と心酔していたが、その偉大なるOBが目の前に。決して物おじしない1年生も緊張を隠せなかった。


PAGE TOP