高校野球・茨城大会(2015):ドラフト注目度B

内村悠斗, 和田慎吾, 宇草孔基, 福田海人, 綾部翔, 鈴木昭汰, 陶山勇軌

 常総学院にプロ注目選手が出てくる茨城県、特に大型選手が出てくる事も多い。今年も大型選手がプロからマークされ、ドラフト注目度はB。

地区

 昨年秋、そして今年春と常総学院が制覇、春も甲子園に出場し隙のないチームに仕上がっている。対抗は夏は毎年決勝で涙をのんでいる霞ヶ浦だが春は早々と敗退し課題も見せる。

 その中で明秀日立が光星学院を強豪チームにした金沢監督が就任して3年目となり、春の大会で決勝まで勝ち進む所まで力を付けてきた。また昨年夏の代表、藤代も甲子園経験者が残り実力のあるチーム。

 組合せでは明秀日立のブロックには鹿島学園、土浦湖北、下妻二、藤代、水戸葵陵といった名のあるチームが集まり厳しい戦いが予想される。また霞ヶ浦も勝ち上がれば明秀日立と準決勝で戦う。常総学院側は油断できないチームがあるが、比較的余裕を持って戦えるチームが揃った。

 

注目選手

 常総学院は15Uエースだった鈴木昭汰投手が2年生ながらセンバツでも好投し、その実力の高さを見せている。打撃でもセンバツでリードオフマンとして活躍した宇草孔基選手、竹内諒選手と、クリンナップで長打のある和田慎吾選手、荒原祐貴選手がおり、その中に1年生の陶山勇軌選手が加わった。陶山選手は春の大会で打率.467を記録している。

 県NO1投手は霞ヶ浦の綾部翔投手。187cmの身長から最速144km/hの速球を投げ、プロも大型投手として注目をしている。

 

その他の注目選手

 つくば国際土浦の福田海人投手は177cm78kgの右腕で144km/hの速球を投げ、投手では県トップクラス。取手松陽の内村悠斗投手は185cmの右腕で最速142km/hを記録しプロも注目している。

 土浦湖北の大関友久投手は186cm80kgの大型左腕として期待されたものの、春は水戸商の0-3で敗戦、素質の高い投手だけに最後の夏の成長に期待。明秀日立の大友喬太投手、孫大怜也投手も180cmから140km/hを記録する力のある投手。また2年生で4番に抜擢されている細川成也選手もフルスイングからの痛烈な打球が注目され始めている。

 日立北の青柳淳之介投手は開幕試合で完封勝利、137km/hの速球と鋭い変化球を見せた。

2015年度-高校生-茨城県のドラフト候補リスト


PAGE TOP