大阪偕星が初勝利、姫野優也選手に迫力

光田悠哉, 大原昌樹, 姫野優也, 安達紀貴

 大阪偕星学園vs比叡山の試合も素晴らしい試合となった。大阪偕星学園は先発した光田悠哉投手と1番の姫野優也選手が良さを見せた。

プロ注目の二人

 先発した光田投手は177cm62kgの左腕、体を見ると下半身も細い。しかし投げられる球は速球は135km/hの球が左打者の内角に伸びるように入り、大きく曲がるカーブでタイミングを外す、非常に筋の良い左腕投手だった。

 下半身がもっと鍛えられたら、かなり注目される選手になるかもしれない。期待は非常に大きい。

 姫野選手は1番に座り第3打席まではノーヒットも、9回には左中間のフェンス直撃の2ベースヒットを記録した。1番打者ながら腰をどっしりと落ち着け、強靭な上半身で打球を運ぶ。主軸タイプの選手といえる。姫野選手はすぐにプロに入っても面白い選手かもしれない。

 

比叡山も好選手そろう

 比叡山は3番の西川尚希選手が4安打を記録、いずれも投球に合わせてのヒットだが対応力の良さを見せた。また2番の安達紀貴選手は50m6秒の足をいかし、1回、3回に盗塁を決めた。左腕の光田投手に警戒されながらの盗塁だったが、大会屈指の足の持ち主だろう。

2番手で登板した2年生の大原昌樹投手が常時130km/h後半を記録する力を見せた。投球フォームなどはまだ改良の余地がありそうだが、肩の強さや体の力は十分ある。また1番の林陽斗選手も2年生ながら2安打を記録し、来年も期待できる。

大阪偕星学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

比叡山高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP