東海大甲府・松岡隼祐選手が5打数3安打5打点、高松商、小豆島は黒星

東海大甲府, 松岡隼祐

センバツに出場するチームが練習試合に臨んでいる。東海大甲府は東海大翔洋、遊学館と練習試合を行い、注目の4番打者・松岡隼祐選手が5打数3安打5打点の活躍を見せた。

4番サードで出場

180cm85kgの右のスラッガー・松岡隼祐選手は、この日4番サードで出場すると、1回2アウト3塁の場面でライト戦にタイムリーヒット、6回にはノーアウト満塁の場面でセンターオーバーの3点タイムリーヒットを放ち、3回にはセンター前にヒットを放つと二盗も決めた。

湘南ボーイズでは小笠原慎之介投手や高橋周平選手の後輩に当たり、中2の時に4番を打ってジャイアンツカップで優勝をした実績を持つ松岡選手、昨年夏の甲子園は5番を任されたが結果を残せず、秋は故障もありファーストを守ったが打率5割を記録した。

遊学館戦ではタイミングが合わずに3打数ノーヒットとまだ荒さはあるが、今年は4番サードで夏まで通して、甲子園では優勝して小笠原投手に追いつき、ドラフトでは高橋周平選手に追いつきたい。

東海大甲府は初戦で150キロ右腕・高田萌生投手の創志学園と対戦する。

高松商、小豆島は黒星スタート

昨年の秋のチャンピオン、高松商は西条高校と練習試合を行い、3-6で黒星スタートとなった。エースの浦大輝投手が6回6失点、明治神宮大会で大爆発した美濃晃成選手はノーヒットに終わった。センバツまであと6試合の練習試合を予定しており、長尾監督は「まだ時間はある。早く目覚めてほしい」と話した。

また同じく香川の小豆島は徳島で練習試合を行い、サヨナラ負けとコールド負けで連敗した。杉吉監督は「切羽詰まるものがない」と話し、チームにはっぱをかけた。

2016年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

東海大甲府のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

高松商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

小豆島高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016センバツ高校野球、組合せと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

プロ注目の強打者が、力を発揮した。東海大翔洋戦に「4番・三塁」で出場し迎えたこの日の初打席。1回2死三塁から右翼線際に先制適時打を放つと、3回には中前打で出塁し二盗を決め、さらに6回無死満塁の好機で走者一掃の中越え適時打。3安打5打点に松岡は「打点をあげられたのがうれしい」と顔をほころばせた。


PAGE TOP