高校野球・宮崎大会(2016):ドラフト注目度B

丸山政己, 吉田寛輝, 山本由伸, 戸高洋希, 木村天響, 藤谷勇介, 高橋潤

高校野球宮崎大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議で高校からの指名はなかったものの、宮崎学園の横山楓投手(現国学院大)が147キロの速球を投げ注目されていた。宮崎日大の武田翔太投手がソフトバンクのエースとして活躍をするなど、高い素質を持った選手が出てくる。

地区

昨年夏は宮崎日大が甲子園に出場したものの、初戦で上田西に完封負けした。秋は日南学園が制してセンバツにも出場したが、センバツでは明石商に初戦敗退甲子園で存在感は示せていない。そしてこの春は富島高校が優勝、昨年秋も準優勝をしており実力が高い。しかし九州大会は富島高校と推薦で出場した日南学園ともに初戦を突破する事はできなかった。

注目選手

都城高校の山本由伸投手は最速151キロを記録し、多彩な変化球も操る。九州大会など大きな大会での登板機会が少ないものの、九州NO.1右腕と注目をされている。体の線も細く、将来性にも注目されている。

富島高校の木村天響捕手は180cmの捕手で、抜群の長打力とフットワークの良さにプロも注目しており、こちらも九州NO.1捕手と呼び声高い。

また外野手で都城工の高橋潤選手は、182cmの1番バッターとして抜群の足とともに20本塁打を超す長打力を持つ。走攻守3拍子揃った右の外野手として注目される。

その他の選手

富島高校の吉田寛輝投手は、JR九州で活躍する吉田奈緒貴投手の弟で鋭い腕の振りから投げられる130キロ後半の速球とスライダーが魅力、チームも昨年秋、今年春と結果を残しており甲子園出場に手が届きそうだ。

鵬翔の丸山政己選手は175cm100kgの打者で、NHK旗では長打力を見せチームをベスト4にに導いた。

延岡学園は2年生の藤谷勇介投手に注目が集まる。中学時代に軟式で142キロを記録しており、1年生の昨年は故障により活躍ができなかったが、高校でも最速143キロを記録し力を見せ始めてきた。また1年生の戸高洋希投手は小柄ながら140キロの速球にキレがあり中学時代にボーイズで全国で活躍した。内野手としてのセンスも高い。

2016年度以降-高校生-宮崎県のドラフト候補リスト


PAGE TOP