高校野球・埼玉大会(2016):ドラフト注目度B

倉岡ミハイル, 堀越将郎, 岡崎大輔, 榊原翼, 渡部勝太, 渡部太陽, 石井貴大, 綱脇慧, 藤野優斗, 諏訪賢吉, 遠藤稔, 阿部玄人, 隈本達也, 高橋昂也

高校野球埼玉大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは、花咲徳栄の大瀧愛斗選手が埼玉西武から4位指名を受けた。センバツでベスト4に勝ち進んだ浦和学院など注目を集めていた。

地区

昨年夏は花咲徳栄が甲子園に出場し、ベスト8まで勝ち進んだものの準々決勝で優勝した東海大相模に3-4で敗れている。秋は浦和学院が優勝、花咲徳栄が準優勝、関東大会ではシードとなった浦和学院が1勝すればセンバツ出場だったがその試合に敗れた。花咲徳栄はベスト8どまりも優勝した木更津総合に1-2の接戦だったことによりセンバツ出場を決めた。そのセンバツでは強豪の秀岳館と対戦、5-6と接戦だったものの初戦で敗れた。

春は浦和学院が優勝し花咲徳栄が準優勝、関東大会では浦和学院が初戦敗退も花咲徳栄が1勝しベスト8。私学2強の争いが続いている。

注目選手

花咲徳栄の高橋昂也投手は1年時から注目されていた投手で、145キロを投げる左腕投手。成長も予想されていたが、この春は状態が良くなかった。最後の夏にエースとしてのピッチングができるか注目したい。2年生右腕の綱脇慧投手もバランスの良いフォームから130キロ中盤の速球をコントロール良く投げ、1試合を任せられる安定感がある。

また花咲徳栄では182cmの大型遊撃手・岡崎大輔選手の期待が高い。走攻守にセンスの高さを見せるが決め手となる活躍を見せてほしい。また隈本達也選手は187cm84kgの左のスラッガー、鋭いふりを磨いて成長を期待したい。

浦和学院はエースの榊原翼投手がコンスタントに130キロ後半を記録するようになり、カーブをうまく使い、バッターとの駆け引きでタイミングを外したりと経験豊かなピッチングを見せる。チームでは諏訪賢吉選手など浦和学院らしいうまい選手がそろっている。

その他の注目選手

上尾高は186cmの右腕・阿部玄人投手が角度のある140キロの速球を投げ、渡部勝太投手は体は大きくないが143キロをの速球を投げる。

春日部共栄の関谷将貴選手は主将として攻守にチームの中心の活躍を見せる。1年生でU15代表の186cm左腕・渡部太陽投手が加わり将来が期待される。

山村学園の日置勇斗投手は182cmの左腕で球速はまだ伸びてきそう、遊撃手の山本大貴選手は攻守に好プレーを見せる。

和光高の倉岡ミハイル投手は184cmから140キロを記録、まだ下半身が使えていないものの身体に力がある。狭山ヶ丘の藤野優斗投手も140キロを記録、沈む球で空振りを奪える投手。西武文理の堀越将郎投手も130キロ後半の重い速球を投げ川越東を完封した。ふじみ野の遠藤稔投手は切れの良い140キロの速球を投げ、スライダーのキレも抜群。ただし捕手が捕球できずにあまり投げられていないようだ。

山村国際の2年生・石井貴大選手はバットコントロールも良いが練習で130mを越える打球を放っているようでこの夏はブレークするかもしれない。叡明高の永関大輔選手も20本以上のホームランを放つ選手のようだ。川越東の星野裕帆選手も183cm83kgの大型選手。

2016年度以降-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト


PAGE TOP