高校野球・岡山大会(2016):ドラフト注目度B

中村亜知, 大北悠介, 小郷賢人, 濱口祐真, 物部大輝, 立花海都, 草加稔, 許柏彦, 難波侑平, 高田萌生

高校野球岡山大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では直接プロ入りする選手はいなかったものの、一昨年はおかやま山陽の藤井晧哉選手や関西高の児山祐斗投手、創志学園の奥浪鏡選手などがプロ野球選手になっている。今年は特に注目されていた選手が最後の夏を迎える。

地区

昨年夏は岡山学芸館が甲子園に出場したが、初戦で鳥羽高校に1-7で敗退し存在感は見せられなかった。秋は金光学園が優勝し倉敷工が準優勝したが、中国大会では両チームとも初戦を突破したが、3位で出場した創志学園が優勝しセンバツ出場を決めた。

センバツではエースの高田萌生投手が1回戦で強打の東海大甲府を1点に抑えて完投、2回戦では準優勝の高松商に1-5で敗れた。

春はおかやま山陽が優勝、倉敷工が準優勝も中国大会ではおかやま山陽が倉吉東に1-4で敗れている。

注目選手

創志学園の150キロ右腕・高田萌生投手は、今年の高校生右腕でトップクラスの投手。センバツでも149キロを記録し大会NO.1投手と評価された。成長をしてきている横浜高の藤平尚真投手や東海大市原望洋の島孝明投手と比べ話題は奪われがちだが、個人的には高田投手の方が上と評価する。プロでも1年間投げぬくのは難しいかもしれないが、1年目から一定の間は先発を任せられるのではないかと思わせる。

関西の小郷賢人投手は180cm80kgの右腕で最速は148キロを記録する。まだセットポジションでの投球で制球の課題があるものの、高校生離れしたスライダーも投げ、この夏に一気に評価を上げるかもしれない。

その他の選手

岡山学芸館の大北悠介投手は2年生夏の甲子園で先発して5回2失点で降板、130キロ台の投球だったが安定した下半身があり、上体の強さに負けないものがある。145キロも記録しているといい素質の高い投手。

玉野光南の濱口祐真投手は191cmから投げ下ろす速球とスライダーが特徴で、球速はまだ130キロ中盤だが将来が楽しみな投手。

岡山理大付の立花海都選手は180cm84kgの右のスラッガー、入学時から長打を連発してここまで打ち続けてきた。作陽の中村亜知選手は得点圏打率が非常に高く広角に強い打球を打てる選手。春季大会は15打数9安打7打点を記録した180cm80kgの素晴らしい選手。岡山共生の許柏彦選手は183cm103kgの左のスラッガーで、パワフルな打撃で30本塁打を記録する。

創志学園の草加稔選手は50m5秒台の足の速さがあり内野安打を多く見せる。2年生の難波侑平選手はスイングの迫力がある選手で来年注目される右のスラッガー。関西の2年生・物部大輝選手も打撃センスが高い素質のある選手。

2016年度以降-高校生-岡山県のドラフト候補リスト


PAGE TOP