高校野球・高知大会(2016):ドラフト注目度B

前田日明, 十河友暢, 古賀優大, 国光瑛人, 安岡将妥, 平石好伸, 溝渕翔, 立花虎太郎, 西浦颯大, 谷脇瑞基, 髙橋大

高校野球高知大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では高知中央の日隈ジュリアス投手が東京ヤクルトに4位指名された。明徳義塾や高知高などからもプロ注目選手が毎年出てくる高知県、今年の注目選手は?

地区

昨年夏は明徳義塾が甲子園に出場したが、初戦で敦賀気比と対戦して敗戦した。秋も明徳義塾が優勝し、準優勝は高知商、四国大会は明徳義塾が準優勝し、高知3位で出場した土佐がベスト4に入り、センバツは2校が出場権を獲得した。

センバツでは明徳義塾は初戦で龍谷大平安と対戦し1-7で敗れると、土佐も大阪桐蔭と対戦し0-9で敗れた。春は高知高校が優勝すると四国大会でも優勝している。

注目選手

明徳義塾の古賀優大捕手は、セカンドまで1.88秒の強肩が光り、センバツでもNO.1捕手と評価された。チームでは181cmながら俊足を見せる立花虎太郎選手や小柄ながらパンチ力を見せる西村舜選手などもいる。また投手では2年時に145キロを記録した国光瑛人投手や188cmの大型左腕として期待された平石好伸投手など素質の高い選手がいるが、国光投手は故障が相次ぎ夏の登板も厳しいようだ。

高知高校の谷脇瑞基投手はNO.1投手と評価される。186cm78kgの大型右腕で、球速は139キロだったものが総体では146キロを記録し一気に急成長を見せている。コントロールに課題があるものの、昨年の高知中央の日隈投手くらいの将来性はありそうで、この夏に一気に評価を高めそうだ。

その他の選手

室戸の安岡将妥投手は178cmの左腕で球速を142キロまで伸ばし、高知NO.1左腕と評価される。球速はさらに伸びそうでこの夏が非常に楽しみな投手。

高知高校では1番遊撃手の十河友暢選手も能力の高い選手として注目される。高知中で軟式で全国制覇を達成し、高校でも常に高い打率を記録し盗塁も試合数と同じくらいを記録する。

高知商の髙橋大投手は172cmの左腕投手でこの春の総体で17回を投げて17三振を奪った。安定感の高い左腕投手。高知南の友竹海太投手も169cmの左腕だが、130キロ中盤まで球速を伸ばしている。チームでは外野手の中野慎太郎選手も180cmで長打を連発する右打者。高知東の前田日明投手は格闘家と同じ名前で注目されるが、174cmの左腕で137キロの速球を投げ実力も本物。

2年生では、明徳義塾の西浦颯大選手がU15代表時代から注目されている選手でセンバツでも3番を打っている。また梼原高の溝渕翔選手も180cmの左のスラッガーとして期待されている。

2016年度以降-高校生-高知県のドラフト候補リスト


PAGE TOP