日大三甲子園優勝バッテリーが加入、JR東日本・堀井監督も期待

JR東日本, 吉永健太朗, 鈴木貴弘

社会人野球のJR東日本には来年、日大三で夏の甲子園で優勝したバッテリーの、早大の吉永健太朗投手と立大の鈴木貴弘捕手が加入する。堀井監督も期待を示した。

不調だった2人

2011年夏の甲子園で全国制覇をした日大三、明治大で阪神にドラフト1位で指名された高山俊選手、慶応大で北海道日本ハムにドラフト6位で指名された横尾俊建選手、指名漏れとなったが主将として法政大を引っ張った畔上翔選手とともに、吉永健太朗投手と鈴木貴弘投手も優勝の栄冠を勝ち取った。

5人はそれぞれ東京六大学の別々のチームに散らばり、お互いを意識しながらしのぎを削る事になるが、高山俊選手は東京六大学リーグ通算安打記録を塗り替える歴史的な選手に成長し、ドラフト1位でプロ入り、また横尾選手もプロ入りの夢をかなえている。

高校時にドラフト上位指名確実と言われ、1年春のリーグ戦でMVPの活躍を見せ吉永健太朗投手はその後にフォームを崩し2年以降は1勝に終わるなど不調に陥った。そして鈴木貴弘捕手は立教大で捕手のポジションをつかむことができなかった。大学で納得のいくプレーができなかった二人がJR東日本で再会し、全国制覇の夢とプロ入りの夢に共に向かう。

JR東日本

JR東日本は吉田一将投手が2013年にオリックスからドラフト1位指名されると、今年は関谷亮太投手と東條大樹投手が千葉ロッテにドラフト2位と4位で指名された。来年のドラフト会議では153キロを記録する進藤拓也投手がドラフト候補に挙がっており、さらに昨年の高校野球で活躍しドラフト上位候補になっていた田嶋大樹投手もいる。

吉永投手、鈴木選手がドラフト解禁となるのは2年後の2017年だが、田嶋大樹投手も同じく2017年にドラフト解禁となり注目される事になる。

堀井監督は「吉永と鈴木がどんな活躍をしてくれるか楽しみ」と話した。不調の二人がどれだけ復活と成長を見せてくれるか、そして2年間でプロ入りの夢にたどり着けるか、注目をしてゆきたい。

JR東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-社会人のドラフト候補リスト

支えになったのは、栄光を共に味わった盟友の存在だ。日大三で11年夏の甲子園制覇。当時のメンバーは早大・吉永を筆頭に明大・高山俊、慶大・横尾俊建、法大・畔上翔と5大学に散らばり、しのぎを削った。「よき友でもあり、よきライバルでもあった」と話した。

「吉永と鈴木がどんな活躍をしてくれるか楽しみ」とJR東日本・堀井監督の期待も大きい。


PAGE TOP