都市対抗野球、JR九州・佐野洋樹選手が2安打3打点活躍

井上翔夢, 佐野洋樹, 山本洋行, 鈴木博志

都市対抗野球はJR九州がヤマハを下し、Honda鈴鹿、日立製作所が2回戦を勝ち上がった。

高校時注目捕手

JR九州は4番捕手の佐野洋樹選手が、4回にタイムリーヒットを放つと、5回にも2点タイムリーヒットを放った。また先発した井上翔夢を巧みにリードし、7回2/3を2安打10奪三振1失点と好投させた。

佐野選手は一関学院時代に強肩捕手と注目され、大谷翔平選手が160キロを記録した試合でもその大谷投手からヒットを放っている。佐野選手は「上の舞台に行けるなら力を試したい」と話し、プロの世界で大谷選手と再び対戦することを熱望している。大谷世代の社会人4年目、プロ入りに向けて大きくアピールしてゆきたい。

ヤマハはエースの池田駿投手が崩れ、リリーフした東海REXからの補強選手で147キロを投げる山本洋行投手も145キロを記録したもののホームランを浴びるなど4安打で失点を重ねた。8回からは最速154キロの鈴木博志投手が登板すると、2球を除いて150キロ以上を記録、最速154キロも2度記録した。まだコントロールの課題は見え隠れするが、外角低めに決まる速球は素晴らしかった。

まだそのストレートを狙い打たれそうな危うさもあるが、やはりこれだけの速球を投げられるのは魅力。

 

この日はHonda鈴鹿が王子に、日立製作所が日本通運に勝利した。

都市対抗野球第8日目の対戦カードと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP