帝京大準硬式の149キロ右腕・鶴田圭祐投手に横浜DeNA、オリックススカウト注目

帝京大準硬式, 鶴田圭祐

帝京大の準硬式野球部でプレーする鶴田圭祐投手にプロが注目している。最速149キロを記録する右腕で、独学で成長を遂げた。

オープン戦にスカウトが姿見せる

帝京大と立教大の準硬式野球部の練習試合が行われ、鶴田圭祐投手が登板した。鶴田投手は5回に2番手で登板したものの、4回を投げて8安打8失点(自責点は2)と乱調だった。しかし球速は143キロを記録した。「まだまだかなと思うし、もっと出せるイメージはある」と鶴田投手は球速について話した。

準硬式野球部のオープン戦にもかかわらず、この試合には横浜DeNAオリックスのスカウトが視察に訪れ、横浜DeNAの稲嶺スカウトは「素材的に面白く、伸びしろは十分。硬式への対応を見てみたい」と興味を示した。準硬式の球では硬式野球より球速が落ちると言われている。実際に硬式で投げたらどのくらいの球速を記録するのか非常に気になる。

独学で成長

鶴田投手は藤井学園寒川高校の野球部でプレーし、1年時は投手だったが制球難で外野手に転向した。大学では硬式でなく準硬式野球部に入部すると、再び投手に戻り独学で成長を続け、昨年秋のリーグ戦で149キロを記録した。

専用のグラウンドもなく、他の部活のグラウンドを借りながら毎日朝2時間の練習のみだという。

「プロは全く意識してなかったが、今は上のレベルでやりたい気持ち」と話す鶴田投手、プロも本人も意識するようになってきた。

2016年度-海外・その他大学のドラフト候補リスト  (準硬式野球でプレーする選手など)

DeNAの稲嶺スカウトは「素材的に面白く伸びしろは十分。硬式への対応を見てみたい」と興味。

 


PAGE TOP