奈良学園大・宮本丈選手がサヨナラ満塁弾でベスト4、スカウトにアピール

奈良学園大, 宮本丈

奈良学園大は3-3で迎えた延長タイブレークで、3年生の宮本丈選手がホームランを放ちサヨナラでベスト4進出を決めた。

遊撃手対決へ

宮本丈選手は181cmの左のスラッガーでショートを守る。前日の九州国際大戦では2-2の同点で迎えた8回に決勝となるソロホームランを放っていたが、この日は3-3で迎えた延長タイブレークの10回、1アウト満塁の場面から先頭打者で指名されると、内角低めのストレートをライトスタンドに運んだ。

体を小さくかがめ、前日もインコースの低めを振りぬいたが、この日もインコースの低めを運んだ。連日の決勝ホームランの活躍でチームをベスト4に導いた。

宮本選手は50m5.9秒の足と遠投95mの強肩があり、プロも注目をしている。準決勝は中京学院大と対戦するが3年生の宮本選手は、「吉川さんを見に来るスカウトの方にアピールしたい」と来年のドラフトに向けてのステップとなる活躍を誓った。

大型遊撃手で高い身体能力もあり、そしてこの大会の2本塁打は来年のドラフトで宮本選手を推す力となりそうだ。

2017年度-大学生のドラフト候補リスト

奈良学園大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

全日本大学野球選手権準々決勝の対戦カードと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

50メートル5秒9、遠投95メートルの強肩で、走攻守そろった左の強打者。同じ遊撃手で今秋ドラフト1位候補の中京学院大・吉川を強烈に意識している。打順も同じ3番。その吉川と11日の準決勝で激突する。帽子のつばには「信 No・1ショート」と記しており、「吉川さんを見に来るスカウトの方にアピールしたい」と闘志をたぎらせた。


PAGE TOP