侍ジャパン大学代表・宮台康平投手が150キロ記録で5奪三振、3回途中降板で課題も見せる

佐藤拓也, 宮台康平, 水野滉也, 濱口遥大

日米大学野球は3戦目が行われ、東大の3年生・宮台康平投手が先発し150キロを記録した。しかしバントからの失点や3つの盗塁を許すなど課題も見せ、3回途中で降板をした。

1ランク上に行くために

この日の宮台投手は球速はほぼ140キロ中盤から後半を記録、2回には自己最速となる150キロを記録した。しかし初回は先頭打者に四球を与えたあと盗塁を決められた。3回は先頭打者がファースト側にドラッグバントをし、宮台投手のカバーが遅れてセーフとなる。宮台投手は躍動感あるフォームが特徴だが、勢いがあり投げた後に体がサード側に倒れる。そこを狙ったバントだった。その後、2盗を余裕をもって決められるとタイムリーヒットで失点し、その2塁ランナーにも大きくリードを取られ3盗を決められた。フィールディング、牽制、まだ多くの課題を示した。

しかし2回には3アウトを三振で奪った。躍動感あるフォームと適度の荒れ球が打者の外角内角に暴れ、また特徴であるバッターに球が見えづらいフォームもあってストレートで三振を奪った。序盤から普段より速い球速を続け、2回2/3で降板したが、メジャー予備軍から5奪三振、素晴らしいストレートも見せた。

この日の登板は宮台投手になってもう一つ上に行く投球となったと思う。この日のストレートはこれまでの宮台投手とは1ランク上の球だった。また多くの課題が見つかり、これの克服に取り組むことで、磨かれた宮台投手が秋には見られそうだ。

後続は無失点リレー

侍ジャパンは2番手で水野滉也投手が登板し、1人目の打者は四球で歩かせたものの、サイドスローからの横にスライドする球や140キロ中盤のストレートで3回を投げてノーヒット4奪三振で無失点に抑えた。

そして6回途中からは濱口遥大投手が登板、ファースト・北村拓己選手のファインプレーでピンチを脱すると、3回を投げて2安打を許したものの6奪三振を記録した。最後は吉川峻平投手がが抑えた。

打線は1番の佐藤拓也選手が2ベースヒット2本など3安打を記録したものの、その他の選手がノーヒットに終わり、得点を奪う事は出来ず0-1で敗れた。

日米11球団スカウト視察

この日はメジャー5球団と日本6球団の11球団のスカウトが視察し、宮台康平投手についてオリックスの由田スカウトは、「来年のドラフト1位は間違いないです。話題性だけではなく、力でその称号を得た」と話した。アメリカのホートン監督も「聞いていたより真っすぐが速かったのは驚いた。私がメジャーのスカウトだったらチェックすると思います」と話した。

日米大学野球は今日4戦目が行われる。

確かな手応えも残った55球だった。米国の強力打線から5奪三振を記録。4番・バーガーからは内角直球で見逃し三振も奪い「しっかり自分のボールが投げられれば通用する。そこは収穫」と振り返った。横井人輝監督は「要所でいい球があった。よく投げた」と評価した。

2回2/3、1失点での降板に唇をかんだが、自己最速を2キロ更新する150キロを計測。一、二回は得点圏に走者を置くピンチに、ともに直球で空振り三振を奪って切り抜けるなど、米国に力勝負を挑んで5三振を奪った。

 代表合宿中の7日に第3戦の先発を言い渡され、勝てば2大会連続18度目の優勝がかかるマウンドに上がった。力みから制球が乱れ、三回にはバント安打の後に投球モーションを盗まれて二盗を許し、左翼線二塁打で失点と課題は残した。

メジャー5球団を含む日米11球団のスカウトが視察した。オリックスの由田スカウトは「来年のドラフト1位は間違いないです。話題性だけではなく、力でその称号(1位候補)を得た」と絶賛した。敵将の米国ホートン監督も「聞いていたより真っすぐが速かったのは驚いた。私がメジャーのスカウトだったらチェックすると思います」と評価した。


PAGE TOP