日米大学野球は先発・濱口遙大投手が撃ち込まれ大敗、優勝争いは5戦目へ

濱口遥大

日米大学野球は2勝1敗で迎えた4戦目が行われたが、先発した濱口遥大投手が2回に2失点、4回にも失点を重ね、リリーフも踏ん張れずに2-10で大敗を喫した。

濱口投手は4回途中5失点

3戦目まではアメリカの重量打線を抑え込んでいた侍ジャパンの投手陣だが、この日は味方のエラーも重なり崩れた。先発した濱口遥大投手は2回、先頭打者を味方のエラーで背負うとタイムリー2ベースヒットと犠牲フライで2点を失う。4回には2連打をゆるし死球を与えてピンチを背負い、暴投で1失点をしてマウンドを降りた。リリーフした水野滉也投手は先頭打者を三振に斬って取ったものの、続くバッターに3ランホームランを浴び、その後もヒットと続けられ、4回までに8失点した。

濱口投手は昨年のNPBとの練習試合でも先発したものの失点を重ねた。良いときは手も足も出ない迫力のあるピッチングを見せるが、打たれだすと止まらないような所も目立つ。この日の先発が決まっていたと思うが、昨日もリリーフで3回を投げており起用法にも疑問が残る。しかし、佐々木千隼投手や柳裕也投手がきっちりと結果を残す中で、厳しい投球となってしまった。

素質は高いだけに、このようなムラのある投球は、ドラフトでの評価に影響するだろう。

吉川尚輝選手も負傷退場

侍ジャパンもこの日は7本のヒットを記録したが、4回にはショートの吉川尚輝選手選手が自分のスパイクで左足を切って負傷した。大事には至らなかったようだが、今日の出場は様子を見て決める。

しかし変わってショートに入った京田陽太選手が8回に2点を返すタイムリーヒットを放ち一矢を報いた。

今日は1戦目で好投した佐々木千隼投手や2戦目で登板した柳裕也投手などの登板が予想される。2勝2敗で迎えた大切な試合となる。

日米大学野球(2016)出場の侍ジャパン大学日本代表選手一覧

「やはり決定力不足とミスが出たことが大きな傷口になった。情けない試合」と歯を食いしばった。浜口は2度も暴投で失点する独り相撲で、3回0/3を4安打5失点KO。貧打も深刻で、8回にチーム21イニングぶりの得点となる2点を返すのがやっとだった。


PAGE TOP