桜美林大の147キロ右腕・邑楽雅貴投手が先発初勝利、ドラフト候補に

桜美林大, 邑楽雅貴

首都大学リーグでは桜美林大の147キロ右腕・邑楽雅貴(おうら)投手が7回1失点と好投し、先発初勝利を飾った。佐々木千隼投手と2枚看板となり、ドラフト候補にも挙がってきそうだ。

筑波大を7回途中1失点

桜美林大・邑楽雅貴投手は178cm77kgの右腕で最速は147キロを記録する。しかし制球に課題があり、良い時と悪い時の差が激しく、これまで先発はしていなかった。

この日の筑波大2回戦ではその邑楽投手が先発すると、初回2アウト1,2塁のピンチをしのぎ、その後は146キロの速球とスライダーで6回0/3を投げて4安打1失点と好投を見せた。

昨日はエースの佐々木千隼投手が1-0で完封勝利をしており、優勝を目指す桜美林大にとって大きな存在となりそうだ。またまだ粗削りながらドラフト候補としても佐々木投手とセットで見られる可能性もあり、プロ志望届を出せば、育成ドラフトなどで指名があるかもしれない。

「真っすぐで押せても変化球、特にシンカーで決められないし、スタミナも課題です」と課題も認識している邑楽投手、プロに手を掛けることができるか、今シーズンの投球が注目される。

桜美林大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-首都大学リーグのドラフト候補リスト

最速147キロ右腕、邑楽(おうら)が筑波大2回戦に初先発。七回途中4安打1失点に抑え、10-1での勝利に貢献した。直球は最速146キロを計測したが、七回に左越え本塁打を浴び「真っすぐで押せても変化球、特にシンカーで決められないし、スタミナも課題です」と反省。


PAGE TOP