福岡六大学首位決戦、九産大・高良一輝投手、九共大・岩本喜照投手復活なるか

伊藤奨太, 屋宜駿杜, 岩本喜照, 高椋俊平, 高良一輝

大学野球シーズンも大詰めを迎えた。福岡六大学リーグでは優勝を巡る直接対決が繰り広げられる。

福岡六大学リーグ

福岡六大学リーグは九州産業大と九州共立大の2強がともに8勝1敗、勝ち点4同士で明日から直接対決を行う。

九州産業大は高良一輝投手、九州産業大は岩本喜照投手というプロが注目するエースがいるが、高良投手は右の内転筋を痛めて3週までベンチ入りもせず、4週目の九工大とのカードではベンチ入りして1回戦で先発予定だったものの回避した。まだ本調子ではないものの大エースの高良投手がぶっつけ本番で登板してくるのかが気になる。ただし九産大は今季、伊藤奨太投手が5勝1完封をしており、伊藤投手の先発が濃厚か。

一方、九共大・岩本投手も右肘痛で3週目までベンチ入りしなかったものの、4週目の福岡工大戦でリリーフで2試合3イニングを投げ無失点に抑えた。九共大も今季は屋宜駿杜投手が4勝0敗と好投をしており、上原監督も「岩本がいると思うと全員が心強い」と話し、岩本投手を待機させての戦いとなりそうだ。

九州六大学リーグ

九州六大学リーグも九州国際大と福岡大がともに6勝2敗同士で直接対決を迎える。九州国際大は2年生の高椋俊平投手が3勝1敗2完封でエースとして活躍をしている。福岡大はエースと言われる存在がいない状態だが、実力は高い。

九州六大学リーグの場合は勝ち点制ではなく勝率制をとっており、もし九国大と福岡大が1勝1敗となり、北九州大が久留米大に2連勝すれば7勝3敗で3チームが並ぶ事になる。

九州地区南部

九州地区大学連盟は今年から北部と南部の覇者2チームが大学野球選手権に出場する。南部九州ブロックでは第一工業大が名桜大を3-0で下し大学選手権出場を決めた。

第一工業大からは昨年のドラフトで呉念庭選手、國場翼投手が埼玉西武から指名され、その前も原泉投手が東京ヤクルトに指名されるなどプロ入りが続いている。

北部地区は21日より、日本文理大と西日本工大の直接対決となる。

2016年度-福岡六大学リーグのドラフト候補リスト

2016年度-九州六大学リーグのドラフト候補リスト

2016年度-九州地区大学リーグのドラフト候補リスト

「神宮」かけ直接対決 西日本スポーツ紙面 2016/5/20

 


PAGE TOP