U18代表予想(2021年2月時点)

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 侍ジャパン

4月下旬に台湾でアジア選手権、上位3位までに入れば9月にアメリカで行われるU18W杯を戦う今年の侍ジャパンU18代表を予想してみる。

スポンサーリンク

2021年侍ジャパンU18代表予想(4月代表)

守備選手名高校ランク

小園健太市和歌山特A
森木大智高知特A
畔柳亨丞中京大中京A
風間球打明桜A
阪口楽岐阜第一A
松浦慶斗大阪桐蔭A
達孝太天理B+
伊藤樹仙台育英B

高木翔斗県岐阜商B+
松川虎生市和歌山B


大塚瑠晏東海大相模B
吉野蓮仙台育英B-
浜岡陸花咲徳栄B
杉下海生天理B-
宮下朝陽北海B


前川右京智弁学園B+
池田陵真大阪桐蔭B+
阪上翔也神戸国際大付B

まずは4月の代表ということで、この時期はまだ試合感覚が少ない中で、センバツに出場するチームは練習試合も比較的多くこなしていることもあり、センバツ出場メンバーを中心とする。また、この状況でアジアNO.1というよりは、9月のW杯出場のために3位を確保することを優先し、守備力の高い選手を集める。

投手は小園投手はセンバツで疲労がなければまず間違いないだろう。またセンバツ疲れの無さそうな森木投手は、代表監督の馬渕監督(明徳義塾)がしっかりと状態をチェックし、2枚看板として選出しそう。

左の特徴ある投手が欲しいが、まずは能力を優先し、畔柳投手、松浦投手、達投手などを選出。仙台育英の伊藤投手は変化球を織り交ぜた投球が特徴で、台湾・韓国戦で働きが期待できる。非センバツ出場組からは明桜の風間投手を選出。リリーフとして150キロを越す球を投げそうだ。

捕手はセンバツに出場する二人が有力か。高木選手は世代トップと評価される捕手。松川選手は長打力も光り、小園投手とのバッテリーで起用する。

内野手は守備力優先で大塚選手と杉下選手を選出。この二人の二遊間を見てみたい。また、長打力のある吉野選手、宮下選手もショートができる。あとはコーチに花咲徳栄の岩井監督がいることから浜岡選手を選ぶか、明徳義塾の米崎薫暉選手を選ぶか。

そして外野手は内野手の前川右京選手はDHも考えての選出。池田陵真選手は捕手もでき、強肩のセンター・阪上翔也選手は投手としても登板できる。ただしセンバツで足の速いセンターがいたら、そちらを選ぶかもしれない。投手で選出した阪口楽選手が外野手の一角を守りそうで、森木選手の打撃も期待したい。

U18代表予想(2020年2月時点)
今年の侍ジャパンU18代表を予想してみる。
【決定】センバツ出場校と注目選手一覧(2021)
2021年3月19日開幕のセンバツ高校野球大会に出場する32校がに発表された。出場高校と注目選手を紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 現時点ではU18最強メンバー予想と思います。このメンバーならU18W杯も日本初の金メダルが期待できそうで開催される事が楽しみです。

  2. 投手が右投げばっか
    外野も鈍足ばっかで酷い人選だな