関西大・石田光宏投手、同大・柏原史陽投手などに3球団スカウト視察

大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 関西学生リーグが開幕し、関西大のドラフト候補投手・石田光宏投手が京都大を相手に5安打1失点に抑え、5-1で開幕戦を完投勝利で飾った。

ツーシーム

 石田光宏投手は182cmの右腕投手だが球速は最速でも140km/h、しかし制球力と変化球のコンビネーションが良く、侍ジャパン大学代表の1次候補にも選ばれている。

 この日はリーグ戦開幕戦となる京都大戦で先発すると、9回を投げて5安打1失点、奪三振も1つと打たせて取る投球でわずか101球で完投した。このオフの習得したというツーシームで「内野ゴロを打たせていこうと。相手も踏み込んでくると思った」と、京都大の積極的な打撃をかわしての完投だった。

 

3球団スカウト視察

 石田投手にはこの日は阪神など3球団のスカウトが視察に訪れた。阪神の畑山スカウトは「この1年でどうアピールできるか」とコメントをしている。大学屈指の好投手の一人だが、ドラフトで考えるとやはり球速が物足りない印象もあり、それを補う何かでプロでやっていけると思わせる必要がある。

 この日は同志社大vs関学大の試合も行われている。スカウトは同志社大の柏原史陽投手の視察という目的もあったと思うが、今年のプロ入りの意思があるならば、大学選手権出場、そして優勝するくらいのかなりのアピールが必要になりそうだ。

 

柏原投手は不調抜けだせず

 一方、同志社大vs関学大では、柏原史陽投手が先発したものの、4回1/3で4安打2四死球で4失点し降板した。最速149km/h右腕は昨年から不調が続いており、昨年春は3勝3敗、秋も2勝3敗と結果を残せていない。140km/h後半の速球でバシバシと三振を取っていた2年生の頃の投球の復活が期待されていたが、まだ状態は上がってきていないようだ。

 また関学大はドラフト候補となる宇都宮健太投手も、2年生の秋の明治神宮大会で16奪三振を記録したが、昨年は春、秋共にあまり登板せずこちらも調子は良くなかった。そしてこの日は登板がなかった。東京六大学や東都でも大学生の投手が、1年生2年生の時に活躍を見せながら、故障や疲労などにとり3年生4年生で結果を残せない事があったが、関西学生リーグでも同じような状態になっている。

 プロ入りだけが大学野球ではないが、大学野球の目的や本質が問われる事になる。

 関西学院大は1番ショートで、広陵高校出身の1年生・赤川太一選手が先発出場し、6打数2安打2三振という成績を残した。

 

2015年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト

関西大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

同志社大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 ドラフト候補の石田はプロ3球団のスカウトが見守る中、5安打1失点で完投勝利。リーグ通算20勝目を挙げた。オフに習得したツーシームを内角低めに集め「内野ゴロを打たせていこうと。相手も踏み込んでくると思ったので」と頭脳的な投球が光った。阪神・畑山スカウトは「この1年でどうアピールできるか」と語っていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント