東邦・藤嶋健人選手が甲子園でホームラン、巨人、横浜DeNA、中日スカウトが評価

東邦高, 藤嶋健人

東邦のエース・藤嶋健人投手は4番ライトで出場し、4回にはバックスクリーン右に高校通算49号、甲子園では初ホームランを放ち、大舞台で待望のアーチをかけた。この日は4安打6打点と4番の働きでチームを大勝させた。

甲子園でホームラン

第1打席は低めの変化球に中途半端なスイングで空振り三振に倒れた。愛知大会では13打数1安打と不調で、その調子のままかと不安にさせた。しかし、3回にセンターオーバーの3ベースヒットを放つと、4回に1,3塁の場面でホームランを放った。レフトスタンドへの驚異的なホームランではなく、やや詰まらせながらでも持ち前のパワーと金属バットをつかってのホームランだった。同じ4回に回った第3打席でも2ベースヒット、そして6回も2ベースヒットを放ち、6打数4安打6打点の活躍を見せた。

6回はサイクルヒットにもできる打席だったが「二塁に進めば得点のチャンス。自分のことよりチーム。4安打6打点で十分です」と話した。

藤嶋選手は1年生夏の甲子園でマウンドに上り投手として注目されているが、昨年秋の明治神宮大会で神宮球場のレフトスタンドに2本の特大弾を放ち、右のスラッガーとしても注目されていた。センバツでは投手としては結果を残すも甲子園でのホームランはなく、打撃で結果を残せなかった。しかし最後の夏に甲子園で待望の1発を放ち、その実力を見せた。

巨人、横浜DeNAなど高評価

この日は12球団のスカウトが視察をしているが、コメントは以下の通り。

巨人・山下スカウト部長は「コンパクトに振っているのにパワーがある。投打で注目したい」

横浜DeNA・吉田スカウト部長:「大きな大会になると打つ。そういう星に生まれている。」

中日・中田スカウト部長:「勝負強さ、集中力を持っている」

次の試合では投手としてもマウンドに上がることになる。スカウトが打者か投手かで最後まで迷うような、そういうピッチングを期待したい。

2016年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

愛知大会は13打数1安打で打率0割7分7厘。2年ぶりの夏の聖地で、バットを指1本半分、余らせて握り、逆方向の意識で復活した。巨人・山下スカウト部長は「コンパクトに振っているのにパワーがある。投打で注目したい」と称賛。

まるで別人だ。愛知大会では13打数1安打、打率・077と不振を極めたが、大好きな甲子園で打棒が復活した。まずは3回に右中間三塁打。一気に12点を奪った4回には高校通算49号の右中間3ランと左翼線2点二塁打。1人で4安打6打点を叩き出した。

ネット裏のスカウト陣も目を見張った。「勝負強さ、集中力を持っている」と中日・中田スカウト部長。DeNA・吉田スカウト部長も「大きな大会になると打つ。そういう星に生まれているのかな」と舌を巻いた。


PAGE TOP