オリックス、育成ドラフト1位の塚田貴之投手と仮契約、牧田スカウトが高校時から注目

塚田貴之

オリックスは育成ドラフト1位で指名した白鴎大の塚田貴之投手と、支度金300万円、年俸250万円で仮契約を交わした。背番号は120。

高校時代から注目

塚田貴之投手は184cmの大型左腕投手で、最速143キロの速球と変化球で三振を奪える投手、白鴎大足利高校では1年時から大型左腕として期待されたが、ヘルニアのため本格的に活躍を見せ始めたの2年生の秋から、3年夏には1試合12奪三振のピッチングを見せていた。

担当の牧田スカウトはこのときから塚田投手に注目をしていたようで、その後、白鴎大でもリーグ戦では3シーズンしか登板できずに短いイニングでの投球だったものの、「スライダーはプロの世界でも勝負できる、彼にしか投げられない球。まずは2軍で戦えるように、二人三脚で支配下登録を目指していく」と話し、一緒になって育てていくと話した。

これだけ親身になって、自分をプロ野球選手にしてくれたスカウトがいるのは非常に幸運だといえる。それにこたえられる選手になってほしい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

高校時代から注目していたという牧田勝吾スカウトは「スライダーはプロの世界でも勝負できる、彼にしか投げられない球。まずは2軍で戦えるように、二人三脚で支配下登録を目指していく」と期待を寄せ、背番号120は「今の環境で120%の力を出し切ってもらいたいという意味で(背番号を)つけた」と説明した。


PAGE TOP