中日ドラフト1位・小笠原慎之介投手、外れ1位ながら契約金1億円、年俸1500万円の最高条件

小笠原慎之介

中日はドラフト1位で指名した東海大相模・小笠原慎之介投手と、契約金1億円+出来高、年俸1500万円の最高条件で仮契約を交わした。”外れ”1位指名となったにもかかわらず最高条件での契約は即戦力でも異例。

最高条件

現在のプロ野球で新人との契約において、契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円が上限と決められている。今年のドラフト指名選手の中でその条件で契約(仮契約)をしているのは、埼玉西武ドラフト1位の多和田真三郎投手、巨人桜井俊貴投手、広島岡田明丈投手、横浜DeNA今永昇太投手の4人、ほかにも阪神高山俊選手やオリックス吉田正尚選手、千葉ロッテ平沢大河選手などは契約がこれからだが、基本的には最高条件が提示されるのは、抽選で獲得したり単独で獲得した即戦力選手という事になる。

高校生の場合も目玉クラスの投手は契約金は1億円+出来高となるが、年俸は昨年のドラフトで2球団が指名競合した安楽智大投手も年俸1200万円だった。2013年のドラフトで松井裕樹投手が最高条件で契約をしているが、このときは5球団が指名重複したドラフトの超目玉だった。他にも高校生で最高条件で契約したのは、大谷翔平投手、藤浪晋太郎投手、菊池雄星投手、佐藤由規投手、中田翔選手、田中将大投手、ダルビッシュ有投手、寺原隼人投手となっている。1998年の松坂大輔投手は当時の最高条件だった年俸1300万円で契約をしている。

外れ1位の高校生選手では契約金は8000万円から9000万円、年俸は1200万円あたりが提示されることが多かった。中日は2011年のドラフトで3球団競合の末に獲得した高橋周平選手も年俸は1200万円で、異例の最高条件といえる。

 

1年目から

夏の甲子園で優勝投手となった小笠原慎之介投手だが、神奈川大会のピッチングよりもバランスを崩すなどそれほど良いモノではなく、WBCでも目立った活躍を見せられずに、ドラフト1位候補として各球団が候補に挙げていたものの1回目の指名では名前が呼ばれなかった。しかし外れ1位の指名では北海道日本ハムと2球団が指名するなど、補強ポイントや各球団の思惑で1番目に指名されなかった投手といってよいだろう。最速152キロの速球を投げ、コントロールにも不安がそれほどない左腕投手というのは、本当にいない。

中田スカウト部長は「普通に投げてくれれば、1軍のマウンドに立っている」と評価し1年目から期待をされている。小笠原投手も2017年のWBCについて「できれば選ばれたい」と話す。そのためには1年目から圧倒的な活躍が必要となる。

ただし、1年時から145キロ以上の速球を投げていたものの、3年時に体が大きくがっしりとしたものに変わった小笠原投手、まだ成長途中でこの冬にもさらに成長するだろう。その体でフォームをしっかりと固めて、150キロの球を安定して投げられるような投手になってほしい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

中日の高卒新人では2012年の高橋周平(東海大甲府高)の年俸1200万円を上回る最高評価に、18歳は「日がたつごとにプロ野球選手になるという実感が出てきた。やってやるという気持ちです」。最速151キロの速球で今夏の甲子園を制した左腕に、中田スカウト部長は「普通に投げてくれれば、1軍のマウンドに立っている」と大きな期待を寄せた。


PAGE TOP