埼玉西武、北の怪腕・江陵の古谷優人投手をドラフト1位候補に

古谷優人, 江陵高

埼玉西武が北海道・江陵の154キロ左腕、古谷優人投手をドラフト1位候補にリストアップしていることが分かった。

左腕投手獲得に重点

古谷優人投手は速球派左腕で、176cm75kgと体は大きくないものの今年夏の北北海道大会で最速154キロを記録し、準々決勝では20奪三振の大会記録を樹立している。速球はもちろんだが鋭いスライダーが武器で、そのスライダーも数種類を備えているという。

記事では球団関係者の直接的なコメントはないものの、6月29日には渡辺SDが直接視察をし「球速もあるしコントロールもいい。今年のドラフト候補には150キロを投げる投手が多いけど、1位で消えるんじゃないかな」と評価しており、また鈴木球団本部長も「もちろん評価は高い。リストに名前は入っている」とコメントしていることを紹介している。

埼玉西武の投手陣を見ると、左腕投手はローテーションでは菊池雄星投手のみ、リリーフも含めて左腕投手が少なく、今年は左腕の獲得が重要な補強ポイントとしている。その中で、高校生では履正社の寺島成輝投手、花咲徳栄の高橋昂也投手など左腕投手がおり、この古谷投手も含めて一人は獲得したいところだろう。

他球団も注目

しかしこの古谷投手には他球団の評価も高い。千葉ロッテはやはり左腕投手の獲得に力を入れており、親戚の古谷拓哉投手がいる中で古谷優人投手を、「10人以内に入っている。寺島といい勝負」と評価している。(千葉ロッテ、ドラフト1位候補に古谷の親戚、北の怪腕左腕・古谷優人投手 

また福岡ソフトバンクも6月29日には9人態勢で視察をしており、こちらも本気度がうかがえる。

埼玉西武は昨年のドラフト2位で、全国的には無名だった北海学園大の川越誠司投手を指名するなど、北海道でかなりスカウト活動を行っていたとみられ、この古谷投手にも早くから目をつけていたとみられる。

BIG4に匹敵する左腕と注目される古谷投手、夏の大会終了後も野球部の練習に参加してブルペンでも投球を続けている。また来年のチームにノッカーとしてサポートもしているという。まだはっきりとプロ志望を明言したわけではないがプロ志望届提出の可能性は高く、大きく注目される事になりそうだ。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト

西武、北の20K腕獲り、今秋ドラ1候補急浮上 スポーツニッポン紙面 2016/8/30

 


PAGE TOP