2016年ドラフト候補、高校生関東編

公家響, 内池翔, 大江竜聖, 早川隆久, 松岡隼祐, 水野敦之, 片岡優大, 菊地大輝, 諏訪賢吉, 鈴木昭汰, 高橋昂也

2016年のドラフト候補にになりそうな選手を、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価で皆様よりお寄せいただいた情報を元に紹介します。今日は関東の高校生候補です。

強豪校

関東大会では木更津総合が優勝、エースの早川隆久投手は142キロのストレートを投げる左腕で球のキレで勝負する。横浜DeNAスカウトが「肘の使い方が柔らかい。球にキレがある」と評価している。決勝まで勝ち上がった常総学院も鈴木昭汰投手も中学時代に侍ジャパンU15代表のエースだった実績があり、今年のセンバツでも好投を見せた。大きくはないが球に力があり制球もある。

東京大会準優勝の二松学舎大付の大江竜聖投手も最速148キロを記録、1年夏から甲子園に出ている実績があり、関東大会1回戦で早川投手と投げ合った花咲徳栄の高橋昂也投手も181cmの大型左腕で145キロの速球を投げる。

このタイプの違う4人の左腕がどんな成長を見せ、どんな進路に進んでいくのかに注目したい。準決勝に進んだ桐生第一の内池翔投手も肘の使い方が柔らかく最速138キロを記録する速球は伸びてくる。5人目に入る可能性は高い。

また関東大会では143キロを記録し粘りの投球を見せた片岡優大投手、投打に力を見せた白鴎大足利・水野敦之投手、146キロの力投型・東海大甲府の菊地大輝投手など各チームにエースの存在がはっきりしていた。そして東海大甲府は4番を打つ松岡隼祐選手に注目が集まる。秋はファーストを守ったが1年時はサードでもプレーしており、サードをしっかり任せられる選手になってほしい。浦和学院は初戦で敗退したが甲子園で守備と打撃でスカウトも注目した諏訪賢吉選手やエースの榊原翼投手の素質は高い。大学進学の多いチームだが注目を続けたい選手。

花咲徳栄の岡崎大輔選手、横浜の公家響選手も野球のセンスが高い選手。

神奈川には今年もドラフト上位候補がそろう。関東大会に出場した横浜高校の藤平尚真投手は186cmから151キロを記録、千葉県出身で涌井2世と言われ、それ以上の素質を見せている。東海大相模は甲子園で登板し146キロを記録している北村朋也投手がいる。181cmの本格派タイプで期待される。平塚学園の高田孝一投手は、1年秋に東海大相模を延長12回1点に抑えて完投するなど神奈川を制した右腕、182cmから139キロを記録、今年はあまり目立たなかったが3年時の活躍に期待したい。

その他の候補

つくば秀英の長井良太投手は180cmから145キロの速球を投げる投手で、まだ線は細いものの成長が期待される。水戸葵陵の海野貴嗣投手や霞ヶ浦の飯村将太投手など、今年に続いて茨城に好投手がそろう。

佐野日大の五十幡亮汰選手は中学時にサニブラウンに勝った俊足選手で、肩も強く開花が待たれる選手。青藍泰斗の板垣理音投手は182cm81kgの体があり142キロの速球を投げる。川越東の星野裕帆選手も183cm83kgの体があり、投げては140キロ前後で打っても長打を見せるスラッガー。

専大松戸の丸茂弘汰選手は185cm93kgの大型スラッガー、すでに35本塁打を放つ。千葉黎明の川口廉投手は1年秋に関東大会に出場、試合は大敗したものの182cmのフォームのキレイな投手で体ができれ来れば楽しみ。

2016年度-関東のドラフト候補リスト


PAGE TOP