江陵の古谷優人投手が登板、11球団36人スカウトの前で149キロ!

古谷優人, 江陵高

北の怪腕、江陵の150キロサウスポー・古谷優人投手がこの夏初登板し、11球団36人のスカウトの前で149キロの快速球を見せた。スカウトからは絶賛の声が相次ぎ、ドラフト会議の注目候補の一人に加わった。

9回1失点完投

この日の2回戦・室蘭大谷戦で先発した古谷優人投手は、初回から140キロ後半を連発すると最速は149キロを記録した。「調子は悪かった。60点くらい」と話し、9回を投げて奪った三振は5つ、4安打で1失点。それでもしっかりと完投し6-1で勝ち上がった。

古谷投手は176cmの左腕投手、今年の高校生左腕では寺島成輝以上の球速を誇る投手として注目されている。昨年は帯広農との1回戦で延長15回を投げて引き分け再試合、続く試合でも延長12回を投げ切って2試合27回380球を完投し勝利をしている。スタミナとともに勝利への執念を持っている投手。

スカウト絶賛

この日はドラフト上位候補は全員で見るという福岡ソフトバンクが9人のスカウトで視察をした他、阪神も5人で視察するなど11球団36人のスカウトが集結した。

巨人・山下スカウト部長:「遜色ない。直球のキレとスピードがいいね」(履正社・寺島成輝投手と比較して)

埼玉西武・渡辺SD:「ボールの力は高校生左腕で全国トップレベル」

阪神・葛西スカウト:「能力はすごい。筋力の質を持っている。直球の腕の振りは今中のよう。3位では残っていないでしょう」

中日・中田スカウト部長:「指にかかった球は一級品、腕の振りが素晴らしい。持っている力はトップクラス」

高校生左腕では履正社・寺島成輝投手が群を抜いていたが、その寺島投手と比較される所まで評価が上がった。高校生左腕投手の指名が有力とみられる福岡ソフトバンクなどを中心に2位までに指名される事になりそうだ。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト

評価はうなぎ登りだ。巨人・山下スカウト部長は今秋ドラフト1位候補の高校ナンバーワン左腕・寺島成輝(履正社)を引き合いに「(寺島と)遜色ない。直球のキレとスピードがいいね」とうなずき、西武・渡辺SDも「ボールの力は高校生左腕で全国トップレベル」と舌を巻いた。

11球団36人のスカウトの前で初回から140キロ台後半を連発し、最速149キロをマークした。直球、スライダー、カーブを主体に4安打1失点完投し、13年夏甲子園出場の帯広大谷を撃破。古谷は「制球にばらつきがあり、60点」と厳しく自己採点したが、プロの評価は高い。巨人の山下哲治スカウト部長は「直球のスピードと切れは遜色ない」と高校No・1左腕の呼び声高い履正社・寺島を引き合いに出し、西武の渡辺久信SDは「ボールの力は今年の高校生の左ではトップクラス」と絶賛した。

虎に北の恋人、スカウト5人150キロ左腕古谷高評価 デイリースポーツ紙面 2016/6/30

 


PAGE TOP