注目関東左腕投手は夏も甲子園に、二松学舎大付・大江投手は甲子園出場逃す

大江竜聖, 早川隆久, 鈴木昭汰

高校野球千葉大会では木更津総合が、茨城大会は常総学院が優勝し甲子園出場を決めた。昨年秋より注目されている関東の左腕投手はセンバツに続き夏も甲子園に向かう。

関東注目左腕

関東地方の高校野球では、昨年秋の大会から各地区を代表する左腕投手が活躍し、期待されていた。木更津総合・早川隆久投手、常総学院・鈴木昭汰投手、花咲徳栄・高橋昂也投手、二松学舎大付・大江竜聖投手は特に注目されていた。センバツの選考では花咲徳栄が選抜され、それによって二松学舎大付は涙を飲んだ。

しかしそのセンバツでは常総学院の鈴木投手が周囲も見た事がないという乱調で初戦敗退、花咲徳栄の高橋投手も球威や迫力もなく初戦敗退した。木更津総合の早川投手がセンバツでも変わらない好投を見せ、唯一結果を残した。不調だった鈴木投手と高橋投手はセンバツ後に故障などにより夏に向けて調整を続けていた。

そしてこの夏、木更津総合の早川投手は千葉大会決勝で市立船橋に対し、9回8安打8奪三振2四死球で2失点に抑えて3-2で勝利して優勝、また常総学院の鈴木投手も、プロ注目の細川成也選手、糸野雄星選手のいる明秀日立を相手に9回6安打11奪三振無四球で完封し1-0で勝利した。細川選手には4打数ノーヒット2奪三振、糸野選手にも4打数ノーヒット1奪三振と、プロスカウトがNO.1と評価するスラッガーに格の違いを見せつけた。

まずはこの二人が甲子園に戻ってくる。

大江竜聖投手は甲子園逃す

一方、二松学舎大付はこの日、準決勝の東亜学園戦で先発をしたものの、5回1/3を投げて11安打5奪三振に5つの四死球を与えて7失点し途中降板した。145球を投げ3度の満塁のピンチを背負った。2度までは何とか耐えたものの5回の3度目の満塁で崩れ5失点した。6-7で敗れ、センバツに続いて甲子園出場はできなかった。「自分の気力が原因。逃げて打たせよういう気持ちになってしまった」と話す。

大江投手は1年生夏の大会で、それまで決勝で負け続けていた二松学舎大付を、怖いもの知らずの強さで優勝させ、甲子園でも注目された。2015年のセンバツも出場し甲子園の常連になるかにも思えたが、2年夏、3年春そして3年夏に甲子園に戻ることはできなかった。上級生になり怖さを知っていくものだが、1年夏の自分を気持ちの面で上回ることはできなかった。

それでもこの日も最速149キロを記録し、投げる球は1年生の時よりも格段に強くなった。大江投手は進路について「あんまり考えられないです」と話したが、「悔しさを野球人生に生かし、日本を代表する投手になりたい」と続けた。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

夏へ向けて、ブルペンで打者を立たせ、コースいっぱいに投げる練習を繰り返した。格段に制球力は上がり、6試合46回を投げて9四死球。球数も減り、体力の消耗を抑えられたことで5完投をマークした。

投げて、走って、最後に笑った。常総学院のエース左腕・鈴木昭が自己最速にあと1キロに迫る142キロの直球を軸に、5者連続を含む11三振を奪って6安打完封。チームを3年ぶり16度目の頂点に導いた。

今後について「これから考えたい」とした大江は「悔しさを野球人生に生かし、日本を代表する投手になりたい」とさらなる成長を誓った。


PAGE TOP